低カロリーな食材、キャベツでダイエットする方法

健康食材のキャベツ

キャベツ畑

キャベツとは、葉が重なり合って大きな球になっている野菜です。
一般に、グリーンキャベツが流通しています。癖のない味なので、色んな料理に使われています。ほとんどが食物繊維と水分であり、低カロリーな食材です。

ダイエット方法として話題になったキャベツには、食物繊維が豊富にあります。なので、便秘解消を期待できます。
それにビタミンCを多く含んでいます。キャベツの葉を2枚から3枚ほど食べれば、一日に必要なビタミンCを取れるでしょう。ビタミンCは肌に良くて、美肌の効果を期待できます。女性にとっては、嬉しいでしょう。

栄養面において、キャベツは良い食材と言えます。キャベツには、ビタミンA・B1・B2・C・E・K・ナイアシンなど、ほとんどのビタミンが含まれています。ミネラル分も多く、カルシウム・リン・カリウム・鉄・マグネシウムなども、含まれています。

その他にも、ガン予防(大腸ガン・結腸ガン・乳ガンの予防)や心臓病・高血圧・胃腸病予防・動脈硬化予防・整腸作用という効果を期待できます。免疫力も高めてくれるそうなので、ぜひ毎日食べたい野菜です。

味については、優しくて甘いです。なので、子供にとっても食べやすい野菜です。お子さんがいる家庭では、重宝されている食材です。さらに美容にも良いので、大人の女性にも良い食材です。

キャベツ・ダイエットの方法

キャベツ・ダイエットとは、低カロリーなキャベツを食べて痩せるというダイエット法です。キャベツは、そのほとんどが食物繊維と水分です。なので、たくさん食べても太らないです。
そして食事の前にキャベツを食べることによって、噛む回数を増やせます。そうすることで満腹中枢を刺激できるダイエット法と言えます。満腹中枢を刺激することで、普段より食事の量を減らせることを期待できます。これは、自然と痩せることに繋がります。

以下にダイエットの「やり方」について、3つの方法をご紹介します。

1.夕方にキャベツを食べる

生のキャベツ3枚から4枚ほどを、ざく切りにして食べます。
または、電子レンジで加熱したり、他の野菜と混ぜたりして食べます(生のキャベツを食べるのに飽きた場合など)。

2.食前にキャベツを食べる

夕方に限らず、食前に一定量のキャベツを食べる方法です。食事の前に、「キャベツの千切り」を食べてから食事するという「やり方」です。「キャベツの千切り」の量はボウル一杯分です。

食前に食べれば満腹感を得られて、「食べ過ぎ」を防ぐのに役立つそうです。千切りにしたキャベツをゆっくりと「よく噛んで食べること」で、満腹感を得られます。この満腹感により、「食べ過ぎ」を防ぐ効果を期待しています。

ちなみに「この満腹感」は、食前に噛む回数を(咀嚼の回数を)増やすことで得られます。噛むことは、満腹中枢を刺激するからです。

3.主食の代わりにキャベツを食べる

3食のうち1食をキャベツに置き換える方法で、ご飯やパンなどの炭水化物の代わりにキャベツを食べる方法です。低カロリーな食事、つまり太らない食事で痩せるということです。

キャベツには、食物繊維やビタミンC、ビタミンKやビタミンUが豊富に含まれています。なので、健康的に痩せられる方法だと思います。
ただしそうは言っても、食事の栄養素が不足しないように注意する必要があります。キャベツばかりだと、断食したことになってしまうからです。断食は、とても健康に悪いです。

以上、3つの方法でした。ご自分の好みに合う方法・効果が出そうな方法を、ぜひ試してみてください。

運動も行ないましょう

キャベツ・ダイエットという方法は、運動をしない(運動が不要な)ダイエット法と言われたことがありました。
ですが実際のところ、やはり適度な運動は必要でしょう。歩くなどの運動を取り入れてダイエットするほうが健康的に痩せられる、と思います。

まずはキャベツ1玉から食べましょう

キャベツ・ダイエットは、糖分や脂分を適度に摂取することを心掛ければ、栄養のバランスは良いです。なので、健康的に痩せられるダイエット法と言えます。
その「やり方」は簡単なので、とりあえずやってみようと思えるでしょう。

まずは気楽に、

「キャベツ1玉を6分割して、6日間ほど食べてみようかな?」

 

という感じで、始めてみましょう。小腹が空いたらキャベツを食べる、という感じで良いです。もしも日頃から野菜が不足しているなら、野菜でダイエットするのは良いと言えます。

なお、炭水化物を取らずに、キャベツだけを食べることはやめましょう。リバウンドの原因になってしまうからです。栄養のバランスを大切にしてください。

食べ方を工夫しましょう

キャベツ・ダイエットは、毎日の食事でダイエットできます。美味しい野菜を食べてダイエットする「やり方」は、健康的だと思います。さらにキャベツは、とても手に入れやすい食材です。キャベツの品種を変えれば、ほぼ一年中、店で買えます。

だけど欠点は、キャベツを食べることに飽きてしまうかも?という点です。
もしも料理するのが得意なら、色んな料理でキャベツを食べられます。ですが料理が苦手な場合、毎日「生のキャベツ」を食べるのはツラいでしょう。

いくらダイエットのためだからといって、ボウル一杯のキャベツだけを食べるのは無理かもしれません。そういう人は、ノンオイルドレッシングをかけて食べましょう
なお、油を使ったドレッシングやマヨネーズを使わないようにしてください。

キャベツを「そのまま食べる」のがツラく感じる場合は、キャベツをスープにしたり、お浸しにしたりして、アレンジを加えてみましょう。美味しく食べられると思います。

キャベツを用いたダイエットが成功するか失敗するかは、ずっと食べ続けられるかという点にかかっています。出来る範囲で、食べ方を工夫してください。

野菜
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム