在庫ゼロで商売できる、ドロップシッピングの「やり方」

ドロップシッピングという経営方法

在庫あり

もしも、このような在庫を持たずに、販売できたら?

ネットショップよりも簡単に開店できるドロップシッピングという方法があります。
このドロップシッピングとは、商品の在庫を持たずに商品を販売できるという、ネットショップの経営方法の一つです。
2006年頃に、インターネット・ビジネスの新しい手法として注目されました。

もしも在庫ゼロで取引できるなら、商品の仕入れ費用や在庫の保管場所は必要ありません。そして「仕入れ」や「在庫管理」「商品の発送」という手間を省けます。ちょっと考えただけでも、ネットショップの運営と比べて「とても簡単」と思えるでしょう。

それではドロップシッピングの「仕組み」とは、一体どうなっているのでしょうか?
ドロップシッピングとは、日本語に訳すと直送という意味です。
どういうことかと言うと、お客様からの注文を受注したら、商品メーカーが商品を、直接お客様に発送するというシステムです。

ショップの経営者は、自分のサイトで注文を受けます。そして、注文された商品のメーカーに「発注するだけ」です。

簡単に言うと、インターネットの委託販売と言えます。

在庫ゼロ

最大の特徴は、ショップ経営者が在庫を持たなくても良いということです。
これは本当に簡単で便利です。ネットショップの在庫管理で、悩む必要がないからです。

それにメーカーから届く商品は、ご自分のショップの名義で発送されます。なので「お客様」から見れば、メーカーから直接届いたのではなく、ご自身のショップから買ったと思っていただけます。

ショップ経営者は商品の在庫がゼロであっても、ショップ経営者として、自由に商品を販売できます。この点が、最大の特徴だと思います。

「売り切れ」というデメリット

在庫ゼロで商売できるというメリットがあるドロップシッピングですが、デメリットと言われている点もあります。

お客様から注文を受けた時は商品の在庫があったけれど、
ショップオーナーが商品メーカーに発注した時には、
その商品が既に売り切れになっていた。

このような売り切れトラブルに遭う可能性がある、と言えます。

例えば「お客様」から注文を受けて、
10分後に商品メーカーに発注した場合、
その10分の間に、発注した商品が「売り切れになった可能性」があります。

「売り切れ」なので、お客様の注文をキャンセルすることになります。
ですが「お客様の立場」から見ると、商品をネットショップの買い物カゴに入れた時点では、

「在庫あり」だったのに、その後「在庫なし」でキャンセルされた、

という納得できない状況になります。

これは、お客様からの信用を失うことになるでしょう。ドロップシッピングで商売をする場合、このリスクを受け入れる必要があります。

ビジネス
この記事をシェアする

【広告】ドロップシッピング 」の関連商品

• Amazon.co.jp

確実に稼げる ドロップシッピング 副業入門

確実に稼げる ドロップシッピング 副業入門

Amazon 価格:1,598 円(2019年4月19日 21:50時点詳細はこちら)

著者:S.S

出版社:ソーテック社

種別:単行本

販売店:Amazon.co.jp

• 楽天市場

【中古】 確実に稼げるドロップシッピング副業入門 /S.S(著者) 【中古】afb

【中古】 確実に稼げるドロップシッピング副業入門 /S.S(著者) 【中古】afb

価格:348 円[税込](2019年4月19日 16:14時点)
送料別

販売店:ブックオフオンライン楽天市場店

S.S(著者)販売会社/発売会社:ソーテック社発売年月日:2014/11/01JAN:9784800720139

グッズ・メモランダム