どれが良い?FX取引の「やり方」

個人でもできる投資の一つ・FX取引

昨今では、収入の減少や増税という話題を聞いたりします。そのためか、副業や投資という副収入に対して注目が集まっているとも聞きます。今後の収入について不安を感じる人は多いようで、新たな収入源を探している方も多いようです。

ところで個人が行なっている資産運用と言ったら、昔から行なわれている株式投資や近年急速に注目を浴びたFX取引などが挙げられます。特にFX取引は、その「手軽さ」ゆえに多くの方が始めている投資となります。

例えば米ドルなどの外貨を購入して、為替レートの変動により利益を狙うという投資になります。FX取引の基礎知識を学ぶ必要がありますが、個人でも気軽に取引できると言われています。なので、副収入を得たいと思っているサラリーマンや主婦の中には、すでにFX取引を「やっている人も多い」と聞きました。実際に結構な金額を稼いだ人もいるそうです。

ですが投資は厳しい世界です。残念ながらFX取引で損をした方も多数います。なので、より一層安心して手堅く利益を出せるFXの取引方法が、求められるようになりました。

FX取引の「やり方」

FX取引で「よく聞く方法」として、デイトレードやシステムトレードという「やり方」があります。

デイトレード

デイトレードとは、超短期取引のことです。一日に何回も「売り買い」の取引を行ないます。
例えば1ドル当たり0.05円くらいの変動を追いながら、細かく「売り買い」をして、「小さい儲け」を出します。その「わずかな儲け」を積み上げて、稼いで行くことになります。

デイトレードでは、その日のうちに取引を終えるので、突然の為替状況の変化に悪影響を受けにくい、という長所があります。デイトレードなら、次の日に為替が急落(暴騰)していたために大損してしまった、ということはありません。
長期にわたって為替のポジションを持たないので心理的に楽である、と言えるでしょう。

長期保有によるリスクが低くて、ある意味ではFX初心者向けの「やり方」と言えます。ですが、いくつかの短所(制約条件)があります。

  • 1回当たりの利益が、小さいです。稼ぐためには、ある程度まとまった証拠金と高いレバレッジが必要です。
  • 取引を何回も行なうため、スプレッドや手数料が低い(限りなく0に近い)業者で、行なう必要があります。
  • 一日のほとんどを、スマートフォンやパソコンの前で過ごすことになります。忍耐力が必要です。

デイトレードでは、ある程度まとまった証拠金が必要となります。なので、自己資金が少ない人には向かないでしょう。そして日中の為替変動によっては、損する可能性があります。超短期取引だからと言って、必ず稼げる訳ではありません。

デイトレードの長所と短所をよく検討して、ご自身に向いている取引方法かどうか、検討してください。良い方法と判断したなら、やってみましょう。

システムトレード

FX取引を始めとする投資では、どうしても感情的になってしまう事があると聞きます。
「前回の取引で損をしてしまった、今度こそ取り返したい」などと感情に任せて投資をすると、さらに損してしまったなんて事もあるようです。

実は近年、そういう個人的な感情や判断に頼らず、システム的にFX取引を行なう事に注目が集まっています。FXの自動売買サービスです。すでに利用している人の中には、良い結果を出している人もいるようです。

システムトレードとは、パソコンなどのコンピューターを使って「ほぼ自動的に取引を行なうやり方」です。一定の条件の下で動作する自動売買プログラム(例:FX取引ソフトのMT4など)を用いて、取引します。FX取引だけでなくて、株や先物取引などでも使われている手段です。

基本的に「ほったらかしにできる」ので、手間が掛からない投資方法と言えるでしょう。
あと、投資家の感情と無関係に取引することになります。感情的に取引して大損することもないでしょう。

ただし必ず儲かるかと言えば、そうではありません。プログラムの指示通りに取引したのに、損をすることもあります。損した場合でも、そのシステムを信じ続けることができるかどうかが、使い続ける際のポイントになるでしょう。

ご自分に向いている方法かどうか、よく検討してからシステムトレードを始めましょう。

重要と言える取引ツール

日々、FXの取引をしている方にとって、取引ツールは重要だと思います。ツールとは、文字通り道具です。使っている道具が駄目だと、取引の結果も駄目になると思います。

高性能なFX取引ツールの例として、高機能なチャートがあります。例えば100種類以上のテクニカルチャート指標と分析チャートを使えたりします。他には、損益シミュレーション機能があります。トータルで利益を確保するのに役立つツールです。

そして最も役立つと思えるツールは、先程紹介したシステムトレードのプログラムでしょう。そのプログラムの種類は、100種類以上あったりします。そのトレードプログラムの中には、堅実に利益を出すプログラムもあると聞きました。
「冷静沈着に、機械的に利益を積み重ねたい」と思っている投資家には、システムトレードのプログラムが役立つと思います。

FXで資産を増やしましょう

FX取引投資目的だけでなくて、資産保全の点から考えても、円以外の外貨を持っておくことは良いでしょう。自分の資産を、例えば円・米ドル・ユーロという風に分散しておけば、万が一、日本円の価値が下がっても、自分の資産の価値を守れるかもしれません。
外貨を運用する手段では、FXや外貨預金などがあり、初心者でも始められます。

もしもFX初心者なので不安だと思う方は、資産の1割くらいを外貨で運用してみましょう。
FXの場合は、ほとんどの場合で利子がつきます。なので相場が安定している期間なら、ほったらかしで運用しておけば良いでしょう。※ただし金融危機の場合では、スワップ金利がマイナスになってしまう場合もあります。
もしも相場変動が激しくなって来たら、「売り買い」の取引をして為替差益を狙いましょう。

何とか上手に資産を運用をして、お金を増やしてください。

副収入
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム