株式投資で利益が出る仕組み

株で利益が出る仕組み

株価は、その会社の価値を表しています。その会社に投資する価値がいくらか、というものです。

例えば、現在株価が1,000円の会社があるとします。
この会社の株を持っている人が、この株を売りたいと思った場合、1,000円で買いたいという人に売る事になります。

しかしこの時、もしも1,000円で買いたいという人がいない場合は、どうなるでしょうか?
値下げすることになります(普通の商品販売と同じです)。

もしも990円なら買うという人が出てくれば、990円で売る事になります。
そうすると株価は990円となり、10円下がります。
この場合、1,000円で株を買った人は10円損をします。

これとは逆に、1,010円でも欲しいという人が出てくれば、株価は1,010円となります。
その時に売れば、10円得します。この得が、株で最もよくある利益となります。

初心者が株を始める際、「株で利益が出る仕組み」について、いまいちよくわからないかもしれません。
「この仕組み」については、わからなくても、実際に取引できます。ですが、「株で得する仕組み」を理解しているほうが、利益を出すのに役立つでしょう。
株についてもっと知りたい方は、専門書などを読んでみてください。

重視されているキャピタルゲイン

株価の上昇キャピタルゲインとは、保有している株の値段が変わることで得られる収益です。
株価が上がって得られる利益を、値上がり益と言います。値上がりによる利益は、一番実感しやすくてわかりやすいと思います。

インカムゲインも、株の利益の一つです。これは、会社が得た利益を株主に還元する配当金のことです。

最近では、どちらかと言うとキャピタルゲインのほうが重要視されています。
しかしインカムゲインでは、株を持ち続けるだけで現金収入を得られます。頻繁に売買を繰り返す必要はありません。インカムゲインによる収益も大切にしましょう。

応援したい企業に投資してみましょう

ちなみに株価が上昇すると、なんとなく世の中の景気が良くなっている雰囲気を感じます。ですが庶民のところまで景気上昇の効果がやってくるのは、時間が掛かるでしょう。
「景気の良さ」や「株価の上昇」を、事前に予測するのは難しいです。ですが出来る限り、その兆候を察知するようにしましょう。
なお、景気の回復が期待される時期ほど、株価は不安定なようです。不安定なので、なかなか思い通りに株で稼げない時期と言われたりします。

実は、「株価は繰り返す」「株価には周期性がある」なんて言われています。確かに言われてみれば、そんな気もします。だけど、やはり相場については予想通りにはならない、と思っています。
株価の周期性を予想するための数学(数式)を駆使した方法もあるそうです。だけど結局は、なんだかんだ言って投資家自身の判断に頼ることになるようです。

よく聞く投資家の判断の一つに、自分が応援したいと思える企業の株を購入する、というものがあります。
投資するのは、自分の大切な「お金」です。なので、お気に入りの企業の株を選ぶという方法は、納得のいく判断方法だと思いました。
実際のところ、お気に入りの企業の株価が上がるかどうかは不明です。ですが、そういう判断方法もある、ということを知っておくと良いです。

本業の収入の他に稼ぐ手段として、株式投資を選んでいる人は結構います。もしも自分が「いいな」と思える企業があったら、ぜひ投資してみてください。