腸を刺激して便秘を改善する方法

腹筋が少なくて便秘

お腹

脂肪はあるけれど腹筋が少ない……

便秘と腹筋は、深い関係があります。排便時には、腹筋の力が必要です。
もしも腹筋が少ないと内臓を支えられず、胃下垂になってしまいます。胃腸が下がっていると腸が十分に動けなくなり、便秘を進めてしまいます。

腹筋が少ないために腸が動きにくくなり、便秘になりがちという人の便秘解消法としては、腹筋をつける運動に合わせて、腸を適切な位置に戻す体操も取り入れると効果的です。

腸の位置を戻す運動

逆立ち

その運動の一例として、「逆立ち」があります。「逆立ち」は、下垂した胃腸を戻すために効果があります。
逆立ちする際は、なるべく垂直になるように膝を伸ばしましょう。
この運動には、腸を刺激する効果もあります。

自転車こぎ

他には、自転車こぎ運動も腸を刺激します。
「逆立ち」の姿勢から、自転車のペダルをこぐように左右の足を回転させます。

ラッコ体操

上体をひねる運動やラッコ体操も、腸を適切な位置に戻して、腸を刺激する効果があります。
ラッコ体操とは、膝を曲げて背中を丸めた状態で膝を抱えて座ります。
そのままゆっくりと後ろに倒れて、反動を使って前後に2回から3回ゆすって、元の姿勢に戻る運動です。

これらの運動をして、腸を刺激して動かしましょう。ただし、無理をしてはいけません。出来る範囲で行ないましょう。

腸に刺激を与えるマッサージ

便秘の症状がある人は、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が弱くなっているようです。そんな状態の時は、便が移動していく方向に合わせてマッサージをしたり押したりすると、便秘の改善に効果的です。

このようなマッサージは、外側から直接的に腸に刺激を与えるものです。このマッサージをトイレに座って行なうと、排便しやすくなるでしょう。

やり方

「おへそ」の周りを、時計回りに押しなでていきます。
マッサージする時は、「便の流れ」を意識します。「おへそ」の下、右下腹部、「おへそ」の上、左下腹部と、時計回りに10回くらい軽く押してください(「の」の字を描くようにマッサージをします)。

S状結腸マッサージ

最後にS状結腸の上から、両手を揃えて軽く押すと効果的です。
S状結腸は、左下腹部の腰骨の内側辺りにあります。この部分は、便秘になると便が溜まることが多い場所です。仰向けに寝た状態で「この部分」を確認すると、便秘気味の時は張っていることがわかると思います。
便秘改善には「この部分」を刺激すると、とても効果があります。

やり方

「おへそ」の左下に両手を重ねて、軽く数回押します。
そして指先を足の付け根辺りまで、斜め下に移動させます。

このS状結腸マッサージは、毎日就寝前に行なうなど規則的に続けましょう。そうすることで、腸のリズムを整えられるでしょう。

なお、マッサージを行なう場合は、両手を温めてから始めましょう。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム