ワキ毛の肌トラブルを改善する方法

ワキ毛の肌トラブル

最近は冬でも、女性はノースリーブの「おしゃれを楽しむ」ようになってきました。そのため、脇の下のムダ毛処理は、夏だけでなくて冬も行なう必要が出てきました。

脇の下のムダ毛については見た目の問題もありますが、汗のニオイを抑えるためにも処理したほうが良いそうです。
しかし一年中こまめに処理をすることは、それだけ肌に負担を与えていることになります。脇の下は汗などの湿気がこもりやすくて、傷ついた肌はトラブルが起きがちです。

脇の下のムダ毛を、「毛抜き」で抜く人が多いようです。そのするほうが、脱毛の効果が長持ちするからです。それに脇の下は、他の部位に比べて範囲が狭いことから抜く手間も少ないです。そういうことより、「毛抜き」で処理してしまうようです。

しかし「毛抜き」で抜くと、

鳥肌のように毛穴がブツブツと盛り上がったり、毛穴が炎症を起こしたりします。

色素が沈着して、脇の下が黒ずんでくることもあるそうです。

ワキ毛の肌トラブル改善法

お肌つるつる女性ここではワキ毛の肌トラブルの改善法を、ご紹介したいと思います。

始めは、ワキ毛をカミソリで剃ったり、「毛抜き」で抜いたりする場合についてです。

何もしないで直接剃ったり抜いたりすることは、肌や毛根を傷めてしまう原因になります。

傷めないようにするための方法としては、「蒸しタオル」や「お湯」を使って脇を温めます皮膚や毛を柔らかくすると良いです。
なお、脇を温めた後で抜いたり剃ったりする場合では、石鹸ではなくてシェービングフォームを利用して処理するほうが良いでしょう。

処理をした後では、クールダウンさせるローションや抑毛ローションを使って、皮膚と毛穴をケアしましょう。肌が敏感になっているため、バイ菌が入りやすい状態と言えます。出来ればきちんと洗浄しておきましょう。

家庭用脱毛器を使う事

ワキ毛を抜く場合には、「毛抜き」を使うのではなくて脱毛器を使うほうが肌に優しいと言われています。家庭用の脱毛器については、その種類や値段は様々です。身近な物となっており、家電量販店の美容家電コーナーなどで、手軽に購入できます。

安全性の高い物もあり、「脱毛時の痛み」は少ないと言われています。これなら、楽に脱毛できるでしょう。体の部位については脇を始め、腕や腹、Vラインや足などに使えます。ただし顔に対しては、使えない物があります。

近年の家庭用脱毛器は性能が向上しており、バイヤーの中には「これは本当に家庭用の脱毛器ですか?」と、びっくりした人もいたそうです。注目の美容家電の一つ、家庭用脱毛器をぜひ使ってみてください。

脱毛
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム