健康な便かどうか、判断する方法

健康な便

トイレ

健康な便か?トイレで確認

良い状態の便とは、どんな物でしょうか。

まず形については、よく言われている「バナナ状」です。この形が理想的です。

太さについては、ある程度の「太さ・長さ」があって、水分が70%から80%くらいが良いです。
水分が90%を超えると、下痢便になります。

便の色は、野菜類が多ければ黄色くなります。肉類が多ければ黒っぽくなります。
食事のバランスが取れているなら、便は黄褐色になります。黄褐色なら良い便と言えるでしょう。
もしも、いつもと違う便が出たら体に異常があるサインです。病院を受診してください。

便のニオイについては、健康な便はクサくないとよく言われています。しかし全く無臭ではありません。
便の成分は食べ物のカス、腸内細菌による分解産物、古い細胞、細菌類です。よって

腸内に悪玉菌が増殖すると、「便」や「おなら」のニオイがきつくなります。

悪玉菌が増えている、つまり腸が健康でない状態では、ニオイが臭くなります。

また、健康なウンチであるかどうかの判断として、「水に浮く」という事があります。
水に浮くウンチは、食物繊維が十分に取れている事を意味するそうです。
健康な便にするためには、やはり野菜中心の和食が良いでしょう。

ひどい便秘は不健康

ちなみに便秘だとウンチが出てこないので、健康な便かどうかを判断できません。ですが「ひどい便秘」の場合、当然「不健康な状態」と言えます。

便秘は大した問題ではないと、考えている人がいるかもしれません。ですが、大きな病気に繋がっている場合もあります。例えば便が詰まってしまうことにより、「大腸がん」になる可能性もあります。

便秘に関する病気として、まず便秘症があります。排便の回数が週に3回以下であり、排便が困難となります。
便が固くて血が付くこともあります。便の成分で下着を汚してしまうことも、便秘症の症状と言えます。

過敏性腸症候群という、便秘と下痢を繰り返す病気があります。便の形は、「うさぎの糞」のような形をしています。
主に、ストレスが原因で起こる病気です。人前で何かしようとする際に「お腹」が痛くなり、トイレへ駆け込むという症状があります。

ヒルシュスプルング病という慢性的な便秘によって、大腸が拡張してしまう病気があります。先天的に神経系の細胞が欠如していることで、腸の「ぜん動運動」ができない場合に起こる病気です。

ずっと便秘で悩んでいる方は、専門医に相談してみましょう。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム