抜け毛の本数や前兆を知る方法

抜け毛を観察

最近、抜け毛が増えた?抜け毛を調べることは、「発毛や育毛の手当て」をする際、参考になります。抜け毛の症状によって、どのような状態であるか判断するのに手助けとなるでしょう。

まず、抜け毛の本数です。抜け毛の平均的な量は、1日あたり約50本と言われています。

しかし頭皮の状態や健康状態によって、人ぞれぞれ違いがあります。1日あたり30本の抜け毛でも、抜け毛がどんどん進行している場合があったり、70本抜けていてもほとんど心配ない場合もあったりします。
一般的に、寿命を終えた髪の毛が自然に脱毛しているなら、大きな問題はないと言えます。

次に、「抜け毛の太さ」を見てみましょう。

「抜け毛の太さ」が「ばらついている」ほど、髪の毛に生命力がないと言えます。

頭皮も弱っている状態です。
また、抜け毛で細い毛が多いほど頭皮は弱っていて、次に発毛してくる髪の毛が抜け落ちた際、さらに細い場合が多いです。
このような状態が続くと、頭髪全体が薄くなってきたと気づく様になります。

抜け毛の本数を知る方法

抜け毛が気になっていても、実際に自分の髪の毛が「どのくらい抜けているか?」わからないと思います。

抜け毛の本数を知りたい場合、少し面倒ですが、お風呂の排水溝にネットを付けておき、抜け毛が流れないようにしておきます。そしてシャンプーをした後に、

排水溝のネットにある髪の毛の本数を数えます。

シャンプー1回に抜ける本数の3倍の髪の毛が1日に抜けている、と言われています。目安となるでしょう。

この作業を面倒だと思う人は、朝起きた時に、枕元に付いている髪の毛の本数を数えてみましょう。40本以上ある場合は、抜け毛が多いと判断して良いでしょう。

ちなみに「お風呂場の排水溝」に、あまりにも多くの髪の毛が詰まっていたら、要注意です。洗髪の回数やシャンプーの使用量などを、見直したほうが良いかもしれません。専門医に相談できるようなら、そうしてください。

抜け毛の前兆

ところで、抜け毛には前兆があるようです。例えば次の項目に当てはまる人は気をつけてください。

  • 頭皮が油っぽい。
  • 頭皮の色について、ピンクっぽくなってきた。
  • フケが出てきた(油っぽいフケ)。
  • 髪をきちんと洗っているのに、くさいニオイがする。
  • ブラッシングの時、以前よりも抜け毛が増えた。
  • 髪の毛にコシや艶がなくなってきた。

これらの一つでも当てはまる項目があれば、抜け毛の前兆と言えます。

抜け毛を防ぐためのシャンプー

抜け毛に悩んでいる人にとっては、自宅で行なうヘアケアの方法について、気になるところです。
ヘアケアの基本と言えば、シャンプーだと思います。ですが抜け毛を気にしている人は、シャンプーによって髪の毛が抜けてしまうかも?と心配しているようです。そしてシャンプーの回数を減らしている人もいるようです。

シャンプーすることは、本当に抜け毛を増やしてしまうのでしょうか?

適切な頻度で正しくシャンプーするなら、特に問題はないでしょう。

シャンプーする回数があまりにも少ないと、頭皮を清潔に保つことができません。そして、「抜け毛を増やしてしまう恐れ」があります。
人の頭皮は、汗や皮脂・ホコリによって、毎日汚れてゆきます。整髪剤を使っている人の場合、それだけ頭皮を汚していることになります。
頭皮が汚れている状態を数日放置すると、健康な髪の毛まで傷めてしまうことになります。それは、抜け毛を増やしてしまうことになります。

ちなみにシャンプーした後、髪の毛をずっと濡らしたままでいると、少しの摩擦でも髪の毛に負担が掛かってしまいます。
それを防ぐために、すぐにタオルで拭き取って下さい。拭き取る際は、タオルを押し当て、髪の毛をはさんで水気を取るようにします。ゴシゴシ拭くと髪の毛を痛めるので、やめましょう。

アミノ酸シャンプー

市販されているシャンプーの多くは、髪に「香り」を付けたり、「ツヤ感」を出したりするために、余分な成分を配合していることが多いようです。
このようなシャンプーを使った場合、刺激が強すぎるので、かえって頭皮を傷めることになってしまいます。

抜け毛を防ぐことを優先したいなら、

頭皮に優しい天然成分を使っている「アミノ酸系のシャンプー」などを使う

と良いでしょう。