カラーコーディネーターを学ぶ方法

東商のカラーコーディネーター検定試験

カラーコーディネーター色彩の検定試験を勉強することで、カラーコーディネーターに関して学べます。

カラーコーディネーター検定試験は、東京商工会議所(通称東商)が、実施しています(2007年当時)。
このカラーコーディネーター試験を受験する事によって、専門的な事を学習できます。そして多くの知識を取得できます。

近年では、この認定試験の資格を重要としている会社もあるそうです。そのような会社では、面接の際に有利になる事もあるそうです。
なお、カラーコーディネーター検定は、国家試験ではありません。

ところで東商は、カラーコーディネーターを育成している事務所ではありません。
東商が実施している検定は、カラーコーディネーター検定試験以外にも多くあります。そろばん検定や販売士検定など、いくつかの検定を実施しています。

東京商工会議所は、公共性の極めて高い地域総合団体として活躍している団体です。福祉などにおいても、活躍しているようです。

カラーコーディネーターのスクール

カラーコーディネーターになるためのスクールは、数多くあります。色彩について専門的に学べる専門学校も、たくさんあります。
ここでは例として、一つのスクールをご紹介します。

スクールの中でも人気があると言われているのが、カラリストスクール「WAM」です。WAMでは、カラーに関する事を様々なコースで学べます(2007年当時)。

この学校の校長を務めている人は、「ヨシタミチコ」さんです。
「ヨシタミチコ」さんは、色についての著書を多く出版している方です。多くの雑誌やテレビなどに出演しており、カラーの世界ではとても有名です。

このスクールのコースには、次のようなコースがあります。

  • 建築などの色彩に関するトータルカラーリスト・コース。
  • ファッション分野の色彩を学ぶパーソナルカラーリスト・コース。
  • 色彩の知識を花に生かすフラワーカラリスト・コース。
  • 色彩を心理学に生かす色彩心理カラーリスト・コース。

また、東商のカラーコーディネーター資格やパーソナルカラー検定の資格などを、受検する事もできます。

学校や教室内は、カラーの学校らしく「綺麗な作り」をしています。とても良い環境で学べると思います。
資料請求や説明会なども行なっているそうです。興味がある方は、スクールに見学に行ってみましょう。