簡単に手作りできる、アロマオイル香水の作り方

「手作り」のアロマオイル香水

アロマアロマオイルの香水は「自然な香り」であり、心地良いです。香水が嫌いな人でも、アロマオイルの香水なら大丈夫という人がいるそうです。

アロマ香水は、簡単に手作りできます。無水エタノールとエッセンシャルオイルだけで、簡単に作れます。

作り方

  1. 薬局などで、無水エタノールを手に入れます。
  2. 保存用ボトルに、その無水エタノールを入れます。
  3. さらにそのボトルに、好きなアロマエッセンスを入れます。
    入れる量の目安は、無水エタノールの5分の1の量です。
    入れる際、アロマエッセンスが直接手に付かないように気をつけましょう。
  4. 軽く振って、冷暗所で3日から5日ほど置いたら完成です。

香水を作る際に、大切な点があります。まずは、遮光瓶を使うことです。そして毎日1回、瓶を振ることです。

アロマオイルの選び方ですが、香水なので「好きな香り」ということを重要視して選べば良いでしょう。

香水の濃度については、自分で調節できます。
例えば、無水エタノールが100mlで、エッセンシャルオイルが15mlなど、自分で濃度を調節できます。
なお、一般的な香水の場合、エッセンシャルオイルの濃度は15%から30%になります。肌が弱い人は、薄めに作るようにしてください。

あと、香水を作ってから1週間は、「香り」を馴染ませるために使わないほうが良いです。
3週間くらい経てば、熟成されてきます。熟成したほうが、「香り」はまろやかになります。

「香り」の持続時間については、エッセンシャルオイルによって異なります。

元気になるために香水をつけましょう

ファッションのためにつける事が多い香水ですが、気分を良くするためにつけても良いです。まるでアロマテラピーみたいに、「香り」が心身に良い影響を与える事を期待して、香水を使っても良いと思います。

例えばリラックスしたい時なら、「ハーブ系やフローラル系の香り」が良いと言われています。イライラした気持ちを抑える時は、「ウッディ系の香り」が良いと言われています。もっと元気になりたい時は、「フルーツ系の香り」が良いでしょう。

近年では、「ハーブの香り」がする香水も登場していると聞きました。「心地良い香り」を嗅ぐと、結構気分が良くなると思います。香水をつけることは、リフレッシュする事に繋がります。

手作りアロマ香水の使い方

手作りアロマ香水の使い方ですが、朝起きてからつけても良いし、小さなボトル(香水瓶)に入れ替えて、外出先でつけても良いです。
また、ティッシュに数滴垂らして、脱いだ靴に入れておくと脱臭効果もあります。

手作りアロマ香水は、自分だけのオリジナルな香水です。動物性香料も合成香料も入っていない、100%植物性の自然な香水です。
この香水なら、きっと「親しみ」を感じるでしょう。そしてアロマテラピーの効果も実感できる、と思います。