カーテンを掃除して、「汚れ」を防止する方法

カーテン掃除の仕方

部屋のカーテンを清潔な状態に保つためには、やはり定期的な「お手入れ」が必要です。

掃除機のブラシでホコリを吸い取ったり、「はたき」をかけたりなどして、掃除するように心掛けましょう。

「カーテンの汚れ」については、普段はあまり気にならないと思います。ですが知らないうちに手垢やタバコのヤニが付いていたりして、見た目以上に汚れていると言えます。

洗濯機で丸洗い

カーテンの中には、家庭で洗濯できる物があります。家で洗濯できるカーテンについては、ドレープカーテンなら年に1回ほど、レースカーテンなら年に2回から3回ほど洗濯すると良いでしょう。

長い間カーテンを洗濯していないと、「汚れ」が落ちにくくなったりします。または、繊維が劣化してしまい、穴が開いたりする事もあります。

布用の消臭スプレー

何となくカーテンから嫌なニオイが漂ってきても、すぐにカーテンを洗濯する人は少ないかもしれません。カーテンは洗濯しにくい物であり、時間がある時でないと洗ったりできないからです。

ところで、部屋の空気を消臭グッズで消臭している方は多い、と思います。
そして実は、消臭スプレーと言われている物の中には、カーテンやソファーに対しても使える物があります。シューっとカーテンに吹き掛けるだけで、嫌なニオイを消せます。
今までカーテンから漂う嫌なニオイを見て見ぬ振りしていた方でも、このような消臭スプレーを使えば、簡単に消臭対策を行なえます。

カーテンなどは、洗濯することが一番いい事と言えます。だけど、なかなか「そう出来ない」なら、二番目に良い方法として「布用の消臭スプレーを活用する」と良いでしょう。

近年、室内で使う消臭スプレーの人気が高まり、ドラッグストアやスーパーなどに行くとたくさん販売されています。手軽に購入できる物なので、ぜひ活用してください。

カーテンの汚れ防止

カーテンインテリア雑貨や家電製品を「ホコリ」や「汚れ」から守る方法の一つに、防水スプレーを活用する方法があります。

防水スプレーと聞くと「水を防ぐ」というイメージがあります。だけど実は、水だけでなくて「汚れ」が付く事も防げます
つまり電化製品や扉・壁という、よく手で触る部分に防水スプレーを振り掛けて、「汚れを防ぐ」という使い方が出来ます。

同じように、カーテンに振り掛けることができます。そうする事で、「ホコリ」や「汚れ」からカーテンを守れます。

掃除
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム