美味しい「お茶の入れ方」

高温の「お湯」を使うこと

高級でない普通の「お茶」でも、入れ方に気を使えば美味しい「お茶」にすることができる、と言えます。少しでも美味しい「お茶」を飲みたいという方は、普段よりも高温の「お湯」を使って「お茶」を入れてみてください。

茶葉が普通という品質の場合、「テアニンが少なめ」で「カテキンが多め」の場合が考えられます。これを言い換えると、「旨味成分が少なめ」で「渋み成分が多め」と言えます。この場合、やや高温の「お湯」を用いて「旨味成分」と「渋み」を程良く混ぜ合わせると、美味しい「お茶」になるとされています。
味に関しては個人差があります。だけど、ぜひ一度お試しください。もしかしたらいつもよりも、お茶を美味しく感じられるかもしれません。

沸かした「お湯」を使うこと

水道水を使って日本茶を美味しく飲むためのポイントについて、お話したいと思います。
水道水を使う場合、沸かした「お湯」を使います。水道水を沸かす目的は、カルキ臭いニオイを取るため、お湯の中に空気をたくさん含ませるためです。

やり方を言うと、まずは水道水を一晩置いておきます。その一晩置いた水を「やかん」に入れて、沸かします。
沸騰したら「ふた」を外して、2分から3分くらい沸騰させます。
こうして沸かした「お湯」を使って「お茶」を入れると、美味しくいただけます。

煎茶の入れ方

煎茶「お茶の美味しさ」は、お茶の入れ方によって変わります。「日本茶の美味しさ」を十分に引き出すためには、茶葉の種類によって、「お湯の温度」と「茶葉を抽出する時間」を変える必要があります。
お茶を入れる時に使う茶器については、急須も茶碗も温めてから使うと味を良くできます。美味しく飲みたいと思ったら、お茶の入れ方をひと工夫しましょう。

ここでは美味しい煎茶の入れ方について、お話したいと思います。

  1. まずは「お湯」を沸かして、「人数分の湯呑み」を用意します。
  2. お湯が沸いたら、お茶を入れます。「湯呑み」の8分目くらいまで、入れてください。この時、熱湯を入れないようにしましょう。「苦み」が増してしまうからです。
  3. そのまま、おおよそ70度弱になるまで放っておきます。そして、その「お茶」を急須に戻します。
  4. 急須に「お茶」を戻してから、2分間ほどそのままにしておきます。
  5. それぞれの「湯呑み」に、お茶を入れてゆきます。「均一の濃さ」になるように、「湯呑み」に回し掛けて入れます。

この時のポイントとして、お茶が無くなる直前の1滴まで注ぎ切ってください。なぜかと言うと、最後の1滴には、お茶の旨味が凝縮されているからです。
以上のようにすることで、コクがあって軟らかい味わいの「お茶」を、いただくことが出来ます。

ティーバッグの煎茶

煎茶のティーバッグを使った場合について、美味しい入れ方をご紹介したいと思います。
お茶を入れる前に、まずは道具を用意します。茶漉し、カップ(または湯のみ茶碗)、磁器の急須(またはガラスの急須)を用意します。

  1. カップ1杯の煎茶に対して、一つのティーバッグを使います。
    煎茶の旨味を考えて、なるべく新しいティーバッグを使ってください。
  2. カップにティーバッグを入れます。沸騰した「お湯」をカップに注ぎます。
  3. カップに「ふた」をして、じっくりと蒸らします。
    「ふた」については、ソーサーや何か代用できる物を使います。
  4. 約1分ほど蒸らします。この時間が、ティーバッグの旨味を引き出す最適な時間と言われています。
  5. 1分くらい経ったら、「ふた」を開けます。
  6. ティーバッグのタグを持って、5回から6回ほど振ります。
  7. カップからティーバッグを、ゆっくりと引き上げます。
    この時、スプーンなどでティーバッグを絞ってはいけません。

以上の手順が、ティーバッグを使った煎茶の美味しい入れ方です。※煎茶のティーバッグの商品説明も参考にしてください。
自宅や会社で煎茶を飲むことがある、と思います。その際、茶葉ではなくてティーバッグを使うことが多い、と思います。とても手軽に使えるからです。
ティーバッグでも、美味しい「お茶」を入れることができます。ぜひ試してみてください。

玉緑茶の入れ方

玉緑茶を入れる場合については、基本的な入れ方は煎茶と同じです。
違う点は、最初「湯呑み」に「お茶」を入れて温度を下げる時、75度くらいにする点です。煎茶よりは高めの温度で、急須に「お茶」を戻すようにしてください。

釜入り茶の入れ方

釜入り茶を入れる場合は、最初に人数分の「お茶っ葉」を急須に入れて熱湯を注ぎます。そのままにして、1分間お茶を蒸らします。
「お茶の濃さ」を一定にするため、回しながら「湯呑み」に入れます。お茶の旨味をいただくために、最後の1滴まで入れましょう。
煎茶などとは違い、熱湯を使う事で、味わいのある「お茶」を入れる事が出来ます。

食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム