エクセルのコマンドボタンに、マクロを登録する方法

マクロを登録できるコマンドボタン

エクセルのマクロは、「ボタン」(フォームツールバーから作成する物)だけでなく、「コマンドボタン」にも登録できます

マクロを登録する際の操作方法は、それぞれのボタンにおいて、少し違います。なので、ボタンの種類を確認する必要があります。

ボタンの見分け方

簡単に確認する方法としては、マウスポインタをボタンの上に移動させてみます。

ボタンの上でマウスポインタが「手の形」になったら、そのボタンはフォームのツールバーから作成された「ボタン」です。

ボタンの上でマウスポインタが「矢印」のままなら、それは「コマンドボタン」ということになります。

なお、ボタンを使用する際は、シート状にあるボタンが「コマンドボタン」か、それともフォーム上のツールバーから作成された「ボタン」なのか、を意識する必要はないでしょう。

コマンドボタンに、マクロを登録する方法

アイコン

命令を実行する際、選択するボタン・イメージ画像

ワークシート上にあるコマンドボタンを選択した時、「こんにちは」というメッセージを出力するマクロを、作ってみましょう。

このマクロは、メッセージを表示するだけという簡単なマクロです。しかしメッセージを表示する処理は、よく利用されます。役に立つマクロの例と言えるでしょう。

コマンドボタン作成

ワークシート上に、コマンドボタンを作成します。

  1. コマンドボタンを作成するエクセルファイルを開きます。
  2. メニューの「表示」→「ツールバー」→「コントロールツールボックス」→「コマンドボタン」を、選択します。
  3. コマンドボタンを作成する場所を、決めます。
    この時コマンドボタン上には、例えば「CommandButton1」と表示されていると思います。
  4. コマンドボタンの表示名を変更します。
    コマンドボタンの表示名を「実行」に変えます。
    「プロパティ」→「Caption」の値を「実行」に変更します。これでボタンの表示名が、「実行」に変わります。

コマンドボタンにマクロを作成

コマンドボタンのオブジェクト名を指定します。

  1. 「プロパティ」→「オブジェクト名」の値を「cmd実行」に変更します。

マクロを作成します。

ワークシート上の「実行」ボタンをダブルクリックして、Visual Basic Editor(VBE)を開きます。
この時Editor上には、Sheet1(Sheet1)に「cmd実行_Click」という名前で空のプロシージャが作成されています。そこに以下のようなマクロを、記述します。

 Option Explicit
 Private Sub cmd実行_Click()
   MsgBox  "こんにちは"
 End Sub

マクロの作成を終了します。
ツールボックス→「デザインモードの終了」で、マクロプログラムの作成を終了します。

マクロ実行

以上で、マクロの作成が終わりました。それでは、マクロを実行してみましょう。

  1. 「ファイル」→「終了してマイクロソフトエクセルに戻る」で、ワークシートの画面に戻ります。
  2. 画面上の「実行」ボタンを、クリックします。
    「こんにちは」というメッセージボックスが表示されます。

マクロと聞いただけで、難しそうと思ってしまうかもしれません。でも慣れれば、きっとマクロを使えるようになると思います。
まずは簡単なマクロで良いので、作ってみましょう。