読み込めないワードファイルのデータを復元する方法

文書ファイルの破損

ワード文書を開けなくなってしまった原因の一つとして、文書ファイル自体が壊れてしまっている、という原因があります。

これは、SDカードやUSBメモリなどの外部メディアからファイルのデータをコピーする際に、ファイルの情報が欠損してしまった場合が考えられます。
または、ハードディスクのセクタが欠損するなど、物理的にデータが壊れてしまったことも考えられます。
さらに、ファイルを保存する際に転送エラーが発生してしまい、データが壊れてしまった、ということもあるようです。

ファイル自体が壊れている場合は、修復機能でデータを復元できる可能性があります。
もしも修復機能でデータを復元できなくても、テキストだけに関してデータを復元する、という方法もあります。ただしこの場合は、ワード文書内の画像や数式などについては、失われます。

ファイル修復コンバーター

word突然、ワード文書を開けなくなってしまった、という不具合が起きたりします。
ワード自体のアプリケーションソフトには何ら問題がないのに、「開いて修復」などを利用しても修復できないような不具合です。
このような事例のデータ復元を考えてみます。

このような時は、ワードの「ファイル修復コンバーター」を利用してデータの復元を試みてみましょう。

この機能は、ファイルの「文字列のみ」を取り出せる機能です。ヘッダーやフッダー、フィールド文字列などを、テキストデータとして復元します。
せめて「文字列だけ」でも取り出すことができれば、という場合に、この機能を使うことになります。

「ファイルを開く」画面で、ファイルの種類を選択する際に「ファイル修正コンバーター」を選択してください。

なお、書式設定や画像、描画オブジェクトなどは失われてしまいます。
よって、描画オブジェクトについては、残念ながら作り直しになってしまいます。書式設定についても、再度設定することになります。画像データについても、元のデータを再度「貼り付け直す」ことになります。

データの復元はワード文書だけ

この「ファイル修復コンバーター」をそのまま使用してデータを復元できるのは、ワード文書のみです。

「ファイル修復コンバーター」を使用してワード文書以外のデータを復元するには、別にオプションを設定する必要があります。

ワードの「ツール」-「オプション」を選択して、「全般」タブを開きます。
「文書を開くときのファイル形式を確認する」という箇所に、チェックを入れてください。

その後の「ファイルを開く手順」は、通常のワード文書ファイルと同様です。

アプリケーションの自動修復

ワードやエクセルの文書を開けなくなってしまうことは、度々起きることです。
度々と言っても、大切なデータであれば、すぐにでもデータを復元したいです。もう一度、同じデータを作り直すのは、嫌だからです。

ワードやエクセルの文書が開けなくなる原因の一つとして、アプリケーション自体に問題があるため、という場合があります。
これは、アプリケーションソフトが「応答なし(フリーズ)」した際に、「強制終了や再起動する」ことによって起きる不具合と言えます。
この場合、アプリケーションソフトを修復すれば、データを復元できる可能性が高い、と言われています。

ワードを起動して「ファイル」-「ヘルプ」-「アプリケーションの自動修復」を選択してください。

データ復元ソフト

ファイル自体が壊れている、アプリケーションが壊れている、どちらの場合においてもファイルの外見上では判断できません。

どうやっても「うまくデータを復元できない場合」は、フリーや市販のデータ復元ソフトを利用してみましょう。ファイルから文書データを復元できる可能性があるからです。