家電の省エネを心掛けて、電気代を節約する方法

家にある家電の節電を心掛けて電気代を節約する方法について、ご紹介したいと思います。
暑い夏の季節では、節電を求められる場合もあります。よって無理のない範囲で、家電製品の省エネ対策をすると良いです。そうすることによって電気代を節約できたら、家計にとって嬉しいと言えます。

照明器具

照明器具の節電について、様々な意見があります。「使用していない場所の照明をこまめに消すほうが良い」「点けたり消したりを繰り返すと、かえって電気を使ってしまう」など、いくつか意見があります。どれが正しいのか?わからないという人も多い、と思います。

家の中にある照明は、意外に電気を消費している場合が見られるようです。もしも電気代を節約したいと思っているなら、照明に関して考慮すべき点があると言えます。
まず基本的な節約方法としては、使わない照明を消す事です。誰もいない部屋の照明を、消すようにしましょう。

電球のワット数を低めにする事も、電気の消費量を少なくする事に繋がります。部屋が若干暗めになるかもしれません。だけど、かえって落ち着いた雰囲気になって良いと思うかもしれません。特にトイレや浴室では、やや暗めの照明のほうが落ち着いて良いと思います。
なお、照明器具ではワット数が指定されています。そのワット数以下については、問題なく使えます。
また、照明器具の掃除をこまめに行なうことで、ワット数相当の明るい状態を保てます。

LED照明

最新の照明器具のほうが省エネと言えます。節電目的で、思い切って新しい物に買い替えても良いと思います。
白熱電球や蛍光灯を、LED照明に交換しましょう。LED照明の価格は高めですが、消費電力は少なくて長持ちします。だから取り換える回数も少なく、結果的に低コストに抑えられます。
昔の蛍光灯の場合、頻繁に点けたり消したりをすると寿命が短くなってしまいます。なのでトイレなどは、LED照明を使うほうが良いです。

照明器具の交換による電気代の節約は、一度器具を交換すれば、その後ずっと節約している事になります。ぜひ検討してみましょう。

冷蔵庫

開けたり閉めたりするたびに、電力が消費されます。必要以上に、ドアを開け閉めしないようにしましょう。

冷蔵室に食料品を詰め過ぎると、冷却効果が低くなってしまいます。気をつけてください。
冷凍室の場合は、逆に食料品を詰めれば詰めるほど冷却効果が高まるということです。

掃除機

ゴミをこまめに捨てると、電気の消費量を節約できます。ゴミを溜めすぎたままで使用すると、吸引力が落ちます。そのため部屋が清潔になるまで時間が掛かり、電気の消費量が増えてしてしまうことがあります。

パソコン

毎日パソコンを使う方なら、消費電力量を気にするかもしれません。パソコン用OSそしてパソコン本体は、やはり最新機種の物ほど消費電力量は少なくなっています。

フリーソフトなどで「パソコン自動節電プログラム」のようなツールが、あると思います。このようなツールを使うと、簡単に節電できるでしょう。

テレビ

テレビの電源オフ画面の「大きさ」や「明るさ」などの設定によって、消費電力量が変わります。テレビを購入する際は、テレビを設置する「部屋の大きさ」や、「照明の明るさ」などを考慮して、テレビを選ぶようにしましょう。

また、テレビを見ていない時は、電源を消すように心掛けましょう。テレビをつけっぱなしにしていると、無駄に電力を消費することになります。

なお、電源を切る時は、なるべく本体の主電源を切ったほうが節電できます。

確実な節電方法・電源を切る事

スイッチ・オフ省エネタイプのテレビを使っていても、その使い方が間違っていると、省エネできていないことがあります。

省エネに有効的な使い方とは、どんな使い方でしょうか。
よく言われている方法は、主電源を切るという方法です。

リモコンの電源を使ってテレビを消す場合、主電源を切っていないので待機電力が掛かる事になります。この状態ではテレビを見ていなくても、電気が消費されている事になります。

テレビ本体の主電源スイッチを切ったり、電源切断のスイッチが付いているコンセントを使ったりして、待機電力が掛からないようにしましょう。

待機電力対策

最近のテレビは、省エネ対策が進んでいます。特に待機電力の対策は、目覚ましく改善されていると思います。
一例として、テレビに人感センサー機能が付いていたりします。そのセンサーが、人がテレビを見ていないと判断すると、テレビの電源を自動的に切るという機能です。こんな風に省エネ対策が、日々進められていると言えます。

もしも今「テレビの買い替え」を検討しているなら、省エネタイプの物を検討しましょう。
有効な省エネ対策が実施されている物なら、電気代を節約できるでしょう。そんな家計に優しいテレビを、検討してみましょう。

「画面の大きさ」と消費電力

地デジ導入に伴い、当時、液晶テレビやプラズマテレビを買う人が増えました。その際、エコの意識が高まっているためか、省エネタイプのテレビを選ぶ人が増えたようです。

テレビの消費電力については、画面が大きければ大きい程、機能があればある程、消費電力が増えます。よって、電気代も掛かります。テレビで省エネしたい場合は、「部屋の広さ」や「使う用途」に合わせて、「最適な大きさ」のテレビを選びましょう。

なんとなくテレビを見ない事

テレビについては、画面の「大きさ」や「明るさ」などの設定によって、消費電力量が変わります。「大きさ」や「明るさ」を気にしてもいいのですが、基本的にはテレビ番組を見ていない時は電源を消すことです。電源を消すだけで、結構節電になると思います。

ちなみに、なんとなくテレビをつけっぱなしにする事は、電気を無駄に消費する事になります。

見たい番組がないなら、テレビを消しましょう。

そうするだけで、結構な節電となります。

家電を使わないなら、電源オフ

家庭において、家電の待機電力が家庭全体の消費電力の約1割を占めている、という指摘があったりします。待機電力の消費とは、家電を使っていないのに待機しているだけで電力を消費していることになります。そんな待機電力でも、結構な電力量になっている場合があるようです。
家電を全く使わない場合は、スイッチ付きテーブルタップを使うなどして、電源を切っておくと良いです。

ところで、電源を切っておいても大丈夫な家電には、どんな物があるでしょうか。
ある季節だけ使う家電や美容家電などがあります。冷房エアコンや石油ストーブ、扇風機や加湿器などは、季節によっては全く使う必要がありません。よって、コンセントを抜いておいても大丈夫です。
ドライヤーや掃除機、アイロンなども、使っていない時はコンセントを抜いても問題ないです。

逆に、常に電源を入れっぱなしにしておく必要のある家電としては、一年中使っている物、常に何かを待っている物、何かを見張っている物があるでしょう。例えば冷蔵庫や電話機、火災報知器などがあります。

節電を考える上で、待機電力の節電を考えることは大事だと思います。ですが、日常生活をあまりにも不便にしてまで節電するのは、やめたほうが良いでしょう。節電に「こだわり過ぎる」と、精神的に疲れてしまうかもしれません。
まずは自分が実行できる範囲で、節電を行なうようにしてください。無理をせず、長年にわたって継続できる節電対策が良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました