小顔に見せる方法の一つ・髪型

小顔に見せる方法の一つ・髪型を変える事

女性小顔にするためには、体操やマッサージなどをして実際に顔を小顔にする方法があります。

別の方法として、メイクや髪型を変えることで、小顔に見せる方法があります。

耳に掛ける髪型にしたり、髪の分け目を変えたり、髪を巻いてみたりなど、ちょっと変えるだけで印象が違って見えます。
よって小顔に見せたい場合では、髪型を変えると効果があるでしょう。

ただし耳に髪を掛けることで顔の輪郭がはっきりしてしまい、顔が大きく見えてしまう人もいます。自分の顔の形に合う髪型を選びましょう。

顔の形に合う髪型

小顔に見せることができる髪型について、お話したいと思います。
それぞれの顔の形によって、小顔に見える方法は変わってきます。美容院に行ったら、美容師さんと相談して決めましょう。髪型で小顔に見えるなら、やってみる価値があると思います。

丸顔

まずは、丸顔の人についてです。丸顔の人は、自分の「丸さ」を隠すためにロングヘアにしている人が多いかもしれません。しかし長い髪は「丸さ」を強調してしまうため、逆効果になることがあります。
このような時、ショートにして「顔回り」をスッキリさせてみると、小顔効果を得られると思います。

卵形

次に、顔が卵形の人についてです。髪に「軽さ」を出して、ボリュームを持たせることで、小顔に見える効果を得られます。
パーマなどをかけてカラーも明るくして、「フワッとした感じ」が良いでしょう。

エラが張っている顔

エラが張っている人の場合では、髪の毛を下ろして頬(ほほ)の部分を隠すことで、顔がほっそりと見えるでしょう。
顔の形にもよりますが、耳を出さずにサイドの髪を下ろすと、小顔に見せることができる場合があります。

額を強調する髪型

額を広く見せるようにすると、顔が縦長に見えるようになります。そうすることで、小顔に見せる効果を期待できるようになります。
額を広く見せるためには、前髪にボリュームを出すようにして、額を強調するような髪型にすると良いでしょう。

小顔に重要な前髪

前髪は、顔の印象を決めることにおいて、とても重要な部分だと思います。よって前髪は、小顔に見せるようにする際にも重要な部分であると言えます。

前髪によって、顔が「膨らんだ感じ」に見えてしまう場合があります。
例えば前髪を厚く下ろした場合、額を隠してしまうために、「ほほ」の膨らんでいる部分に目線が行ってしまいます。そのために「膨らみ」を感じてしまいます。
その逆に前髪を薄くすると、サイドにある髪の毛のボリュームに目が行ってしまいます。その結果、膨らんで見えてしまいます。

どちらの前髪においても、小顔に見える効果を得られないと言えます。
髪型によって小顔に見せるためには、まずは自分の顔のことをよく知っておく必要があります。例えば骨格や筋肉の付き方、目や鼻や口の位置などをしっかりと理解しておく必要があります。

なお、顔の形などには個人差があります。よって全ての人に、当てはまる訳ではありません。
でも、一度くらい試してみる価値はあると思います。前髪を工夫して、小顔に見えるようにしてみましょう。

髪型を工夫して小顔になりましょう

小顔に憧れている女性は多い、と思います。小顔になるために、一生懸命にマッサージしたりダイエットしたりして、頑張っている人がいると思います。
しかしなかなか簡単には、顔は小さくなってくれないと思います。

そこで、まずは顔を小さく見せるようにしたい場合は、髪型を利用する「やり方」があります。
髪型を使って小顔に見せる方法には、いくつかの方法があると思います。その中でも前髪を工夫して小顔に見せる方法は、やりやすいでしょう。

「気持ち」も変わります

髪型は見た目だけでなくて、「女性の気持ち」も変えてくれるものと言えます。
例えば、ロングヘアーにスパイラルパーマをかけた女性の感想を紹介すると、

「とても満足しており、気分も上々!」

 

ということです。「髪の傷み」を治すためのトリートメントを行なう必要がありますが、そんな手間暇が掛かる髪型でも「お気に入り」だそうです。

最近「元気がない」「気分を一新して元気を取り戻したい」。そんな女性は、髪型を今までと違うものに変えてみるのも、一つの手だと思います。

フェイスケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム