少しでも「ぐっすり眠りたい」関節痛を軽減させる眠り方

睡眠関節痛で「お悩みの方」は、眠れない事でも悩んでいると聞きました。
「関節の痛み」は、睡眠中でもあるそうです。なので、その「痛み」のため、ぐっすりと眠れないそうです。

睡眠中の関節痛を、全てなくす事はできません。ですが、「痛み」を軽減させる事は可能です

例えば、やや固めの布団で眠るようにしてみましょう。
実は、柔らかい布団は関節痛に良くないと言われています。柔らかい布団の上に横たわることで、筋肉が伸びてしまうため、関節に良くないそうです。もちろん個人差があります。なので、関節痛がある全ての人にとって、やや固めの布団が良いとは言えません。ですが参考にしていただけたら、と思います。

その他には、寝る時の姿勢について気をつけてみましょう。例えば仰向けという姿勢は、腰に一番負担がないとされています。
ですが腰が痛い場合、仰向けでもツラいと思います。そういう時は、「横向き」になりましょう。実は「横向き」の姿勢は、膝の関節痛の人にとっても良いと言われています。

さらに、抱き枕を膝の下に入れると、脚の「むくみ」や「倦怠感」を解消できる場合があります。様々な形の抱き枕が、寝具売り場や雑貨屋で販売されています。自分に合う物を見つけて、使ってみましょう。