片付けてスッキリできる、子供部屋の収納方法

子供部屋の整理整頓

日常生活を送る際、整理して収納することは「とても大切な事」と言えます。部屋の整理と収納がきちんと出来ていないと、汚い状態のままになり、衛生上良くないでしょう。
その他にも性格においても、だらしない事を気にしない性格になってしまうかもしれません。

子供部屋の整理整頓を考える場合、部屋における家具の配置を考える事は、とても大切な事です。
子供部屋は、遊ぶ・勉強する・就寝するという場所なので、それぞれの家具があり、部屋が狭くなりがちです。子供が快適に過ごせるように、子供が動きやすいように、家具のレイアウトに気を配る必要があります。

収納家具などを活用して、部屋の中に収納箇所を作りましょう。収納箇所がたくさんあればあるほど、きっと片付くと思います。

ちなみに、たくさんの物を収納できる場所の一つに「押入れ」があります。「奥行き」がある場所なので、多くの物を詰め込む事ができます。子供部屋に「押入れ」があるなら、第一の収納スペースとして活用してください。

なお、詰め込み過ぎると、換気が悪くてカビが発生したりするかもしれません。最低限の隙間を空けつつ、物を片付けるようにしましょう。

カラーボックスを使う収納

ここでは例として、たくさんの「おもちゃ」を片付けやすいように、子供部屋の収納方法を考えてみます。

2段型または3段型のカラーボックスを2台並べて、その上に天板を渡してみましょう。
収納コーナーが出来上がります。

収納ボックスそれらカラーボックスの中に、「おもちゃ」が入るくらいの箱やカゴを用意してみましょう。子供が「おもちゃ」を片付けやすくなる、と思います。
インテリアとしてずっと飾っておきたい「おもちゃ」は、カラーボックスの上の天板のところに、飾っておくと良いです。

子供が小さな間は、リビングの一角に「これらのカラーボックス」を並べて、キッズコーナーにすると良いです。子供の「おもちゃ」は、見ていて楽しいです。なので「隠す収納」とせずに、「見せる収納」を意識してみましょう。部屋の雰囲気が「楽しい感じ」になるでしょう。

中身が見えない「おもちゃ箱」

お子様の「おもちゃ」は、片づけるのが難しい物かもしれません。色んな種類があるので、基本的に「その見た目」はインテリア的に「ごちゃごちゃしている」と言えます。

お子様がいる「ご家庭」では、大きな箱にまとめて入れておくという収納を行なっている家庭が多いでしょう。しかし「お子様」が箱から「おもちゃ」をすぐに出してしまうので、常に整理整頓された状態にしておくことは難しい、と思います。

また、半透明の「おもちゃ箱」を使っている場合、中身が透けて見えます。なので、「スッキリと片付いた感じ」がしないかもしれません。
インテリア的に見た場合、半透明の箱ではなくて籐(とう)などの中身が見えない箱、またはカゴに入れると、その見た目が素敵に変わります。おもちゃを箱にしまう際は、中身が見えない「おもちゃ箱」もぜひ使ってみてください。

快適な子供部屋にしましょう

子供には、使ったら片付けるというルールを教えましょう。例えば絵本を読んだら、必ず元の場所に片づけるように教えましょう。
あと、おもちゃの電車を車庫に戻すなど、「遊び」の延長として自然と片付けられる環境を整えておくと良いです。

片付いた部屋は、掃除をしやすいです。よって、ホコリやダニを防げます。特にアレルギー疾患がある「お子さん」には、片付いた部屋は快適な空間となります。
子供部屋については、子供にとって使いやすくて快適で、健康的に過ごせる空間になるようにしましょう。