片付けてスッキリできる、子供部屋の収納方法

子供部屋の整理整頓

日常生活を送る際、整理して収納することは「とても大切な事」と言えます。部屋の整理と収納がきちんと出来ていないと、汚い状態のままになり、衛生上良くないでしょう。
その他にも性格においても、だらしない事を気にしない性格になってしまうかもしれません。

子供部屋の整理整頓を考える場合、部屋における家具の配置を考える事は、とても大切な事です。
子供部屋は、遊ぶ・勉強する・就寝するという場所なので、それぞれの家具があり、部屋が狭くなりがちです。子供が快適に過ごせるように、子供が動きやすいように、家具のレイアウトに気を配る必要があります。

収納家具などを活用して、部屋の中に収納箇所を作りましょう。収納箇所がたくさんあればあるほど、きっと片付くと思います。

ちなみに、たくさんの物を収納できる場所の一つに「押入れ」があります。「奥行き」がある場所なので、多くの物を詰め込む事ができます。子供部屋に押入れがあるなら、第一の収納スペースとして活用してください。

なお、詰め込み過ぎると、換気が悪くてカビが発生したりするかもしれません。最低限の隙間を空けつつ、物を片付けるようにしましょう。

カラーボックスを使う収納

ここでは例として、たくさんの「おもちゃ」を片付けやすいように、子供部屋の収納方法を考えてみます。

2段型または3段型のカラーボックスを2台並べて、その上に天板を渡してみましょう。
収納コーナーが出来上がります。

収納ボックスそれらボックスの中に、「おもちゃ」が入るくらいの箱やカゴを用意してみましょう。子供が「おもちゃ」を片付けやすくなる、と思います。

子供が小さな間は、リビングの一角に「これらのボックス」を並べて、キッズコーナーにすると良いです。

布団の下側にボックスを並べる

布団周りの収納方法の一つに、ボックスの上に布団を置くという方法があります。

一列にボックスを並べて「すのこ」のようにして、その上に布団を置くという方法です。

布団の下側に置いたボックスに、寝具に関連する物を収納しておくと良いでしょう。シーツやパジャマを取り替えたいと思った時、すぐに見つかります。就寝に関する物を見つけやすくなります。

なお、布団の下に置くボックスについては、キャスター付きでない物が良いです。キャスター付きだとボックスが滑ってしまい、布団が落ちてしまう可能性があるからです。

安全性を最優先してください。少しでも危ないと思ったら、ボックスの上に布団を置くのを止めてください。そして、収納付きベッド家具を使うほうが安全です。

快適な子供部屋にしましょう

子供には、使ったら片付けるというルールを教えましょう。
絵本を読んだら、必ず元の場所に片づけるように教えましょう。
あと、おもちゃの電車を車庫に戻すなど、「遊び」の延長として自然と片付けられる環境を整えておくと良いです。

片付いた部屋は、掃除をしやすいです。よって、ホコリやダニを防げます。特にアレルギー疾患がある「お子さん」には、片付いた部屋は快適な空間となります。
子供部屋については、子供にとって使いやすくて快適で、健康的に過ごせる空間になるようにしましょう。