美肌になるために、良い睡眠を取る方法

「肌荒れ」の原因となる睡眠不足

美肌と睡眠は、大きく関係しています。例えば睡眠不足が続くと、目の下にクマができたり、顔色が悪くなったり、ニキビや吹き出物ができて肌荒れしたりします。
このように不十分な睡眠は、肌の状態に「かなり影響」を与えます。

睡眠不足になると、肌にとって大切なターンオーバーやホルモンバランスに、「乱れ」が起こります。ターンオーバーとは、定期的な肌の生まれ変わりのことです。

充分に睡眠を取れていなかったり、毎日の睡眠時間が違っていたりすると、ターンオーバーの周期に「乱れ」が生じます。そして脂質が多くなったりしてニキビができたりするなど、「肌荒れ」が起こってしまいます。

美肌を保つためには、規則正しい生活(睡眠)が良いと言えます。

ところで、睡眠不足から起こる「ホルモンバランスの乱れ」は、「肌荒れ」などの美容の面だけではなくて、健康面にも影響を与えます。健康を守っている成長ホルモンの分泌は、睡眠中に行なわれているからです。

最近では、大人だけでなく子供の睡眠時間も短くなってきている、と言われています。
睡眠不足で成長ホルモンの分泌が乱れると、育ちざかりの子供の場合では、健やかな成長に悪い影響があります。

肌に良い睡眠を取る方法

深夜美肌のためには睡眠が大切と言われています。でも、ただ眠れば良い訳ではありません。睡眠の質が大切です。
良質な睡眠を取る方法には、どのような方法があるでしょうか。

起床と就寝の時間を同じにする事

寝ている間に分泌される、肌の再生機能を促す成長ホルモンは、体内時計の影響を受けて分泌されます。
眠り始める時間が日によって違うと、体内時計のリズムが狂ってしまいます。そうなると成長ホルモンが、うまく分泌されなくなってしまいます。気をつけましょう。

あと、平日にきちんと眠れなかった場合でも、週末に寝だめすることは禁物です。
体内リズムを崩してしまうことになるからです。こちらについても注意しましょう。

睡眠については長く寝れば良い、という訳ではありません。一つの目安としては、毎日の起床と就寝の時間を「ほぼ同じ」にする、睡眠時間を1日7時間くらいにする、と良いでしょう。

ゴールデンタイムに寝ている事

肌にとって良い時間帯と言われているものがあり、その時間帯の事をゴールデンタイムと言います。ゴールデンタイムの時間帯は、夜の22時から夜中過ぎの2時までの事を言います。この4時間という時間帯が、肌にとって大切な時間帯です。なぜなら、この時間帯に成長ホルモンが最も分泌されるからです。つまり肌が回復しやすい時間帯と言えます。

成長ホルモンの分泌は、肌にとって大切なホルモンの分泌にも繋がっています。美肌になりたいと思っている方は、ぜひ「このゴールデンタイムに睡眠を取ってほしい」と思います(余談ですが、ゴールデンタイムには内臓の修復も行なわれます)。

肌のことを考えて、この時間帯には眠っているようにしましょう。「夜更かし」は楽しいですが、やめましょう。
そうは言っても、仕事などの都合で夜中の12時までに寝付くのが難しいという方もいるでしょう。そんな方は、まずは夜中の12時から2時までの間、睡眠を取るようにしてみましょう。

お酒を飲まない事

眠る目的で「お酒(アルコール)」を飲むことを、やめましょう。
適量のアルコールには、リラックス効果があると思います。しかしアルコールには「皮脂を分泌させる働き」もあり、肌トラブルの原因になる場合があります。

また、アルコールで血行が良くなりすぎると、睡眠サイクルが乱れてしまいます。これでは熟睡できなくなってしまいます。

美肌のために、しっかり眠りましょう

先ほど言ったように、睡眠は美肌にも関係があるとされています。睡眠不足になると、肌にとって大切なターンオーバーやホルモンバランスに、「乱れ」が起こります。充分に睡眠を取れない事は、「肌の美しさ」にも悪い影響を与えると言えます。

もしも睡眠不足が原因で目元にクマができたら、見た目が悪くて「がっかり」だと思います。美容のためにも、しっかりと睡眠を取る事は大切です。

寝付けない時、音楽を楽しみましょう

肌のために早寝してみた、だけど、なかなか寝付けない。布団の中で眠れず、時間が過ぎてゆくだけでは退屈です。そして眠れないことに対して、イライラしてしまうでしょう。

そんなイライラの解消法の一つとして、音楽を聴くという方法があります。例えばヒーリング・ミュージックを聞いていたら、すんなりと眠りにつけるかもしれません。

寝具用品の中に、スピーカー付き枕という物があります。この枕に、スマートフォンなどの音楽を再生できる機器を接続すると、枕の内部に備わっているスピーカーで音楽を聴けます。つまり聴きながら、眠ることができます。

布団に入ってすぐに眠れない時、結構暇です。そんな時、音楽を楽しんでみましょう。
枕から「お気に入りの曲」を聴いていれば、退屈で困ったという事もなくなるでしょう。