速読をトレーニングする方法

速読の教室

教室速読法を学ぶ上で確実に短時間で学ぶ方法として、速読を取り扱う教室に通う方法があります。
速読の教室は、習い事を学ぶことと同じような感覚です。パソコン教室でパソコンを習うように、速読の教室で速読法を習うことになります。

教室に通うことのメリットは、講師が直接指導してくれるという点です。よって短期間で、速読法を習得できる可能性があります。

また、「自分の気持ち」においても、自宅でトレーニングする場合と教室に通ってトレーニングする場合では、集中力が違います。
自宅だと、なかなか速読のトレーニングを続けられない、という人もいるでしょう。継続して速読を訓練できる環境を作るという意味においても、教室に通う意義は大きいと思います。

ただし速読の教室は、主に都市圏にあるようです。地方には、なかなかありません。
あと、しっかり身に付くまでに、それなりの費用が掛かります。
なので費用と効率を考えた上で、教室に通うかどうかを決めてください。

なお、速読の教室の形式は、セミナー形式・塾形式など、運営している会社によって異なるようです。

ゲームソフト

もう一つ、速読法を学ぶ方法として、ゲームソフトで学ぶ方法があります。

そう言われても、ゲームと速読は「全く関係がない」と思っている方もいるかもしれません。果たしてゲームをして実際に学べるのか、ちょっと疑問に思うかもしれません。
しかし場合によっては、十分に学べると思います。

近年では速読だけでなくて、教育系のゲームソフトが「かなり人気」となっています。そして一般的にゲームソフトのほうが、速読教室の受講料より安いと言えます。
速読法を学ぶ方法には、教室に通学・通信教育・教材の購入などがあります。一般的に速読のゲームソフトは、それらの方法で掛かる費用より安価と言えます。
お金を節約したい人にとっては、速読法を学べるゲームソフトは、良い選択肢だと思います。

例えば脳トレのソフトの中には、速読法も学べるソフトがあります。
例を挙げると、「右脳鍛錬ウノタンDS 七田式 大人の速読トレーニング」「目で右脳を鍛える DS速読法」「目で右脳を鍛える DS速読ジュニア 」などのソフトです。
これらのソフトはゲームを行なうことで、速読法を学べるそうです。昔に比べて、手軽に楽しく速読を学べる世の中になった、と言えます。