小型カメラの利用方法

小型カメラカメラがどんどん小型になることで、今までカメラを搭載できなかった物へ搭載できるようになりました。その利用方法をインターネットなどで調べてみると、例えばペットの猫ちゃんに小型カメラを取り付けて、猫目線の動画を撮影したりしているようです。ビジネスとして利益を出すためにというよりも、趣味として面白い方法が流行っているようです。

なお近年の小型カメラは、静止画(写真)だけでなくてビデオ映像を撮れる物もあります。ある程度の時間、動画を撮れることで、今後色々な用途で使用されてゆくでしょう。

ところで、動画を撮影できる小型カメラなのに、あえて音声だけ録音する機能があったりします。ボイスレコーダーとしても使えるカメラです。音声録音機能は意外と人気がある、と聞きました。
動画の撮影は、相手を刺激してしまう場合もあるようです。相手の音声を録音するなら、こっそりできるようです。カメラのレンズを相手に向ける必要もありません。

その他の小型カメラの利用方法としては、ラジコンに取り付ける利用法があります。まるで自分がラジコンに乗って操縦しているような視線で動画を撮影できます。なかなか面白い、と言えます。ヘリコプターや飛行機のラジコンなら、空を羽ばたく鳥になった気分の動画を撮影できるでしょう。

その他では、防水タイプの腕時計型カメラとして小型カメラが利用されています。これは、スキューバダイビングをしている人などが利用しているそうです。ダイビング中の水中撮影がしやすいからです。

腕時計の水中カメラ

スキューバダイビングを始めとするマリンスポーツを楽しむ人たちの間で、小型の水中カメラが人気だそうです。水中カメラがある事で、水の中の面白い映像を簡単に撮る事ができるからです。

実際に市販されている水中カメラでは、特に腕時計タイプの物が人気となっています。通常の腕時計として使えて、さらにカメラ機能もあるグッズとなります。腕時計型のビデオカメラなら海中を泳いでいる時でも、手軽に撮影できます。海の中に広がる素敵な景色を、映像として残せます。

マリンスポーツでは、腕時計をしていることが一般的です。なので、使い勝手は良いと言えます。腕時計型カメラを使わずに、デジタルカメラを防水のケースに入れて持ち運ぶ事もできます。ですが、腕時計タイプのカメラのほうが手軽でしょう。
腕時計型のカメラの価格は、結構リーズナブルになってきているそうです。なのでマリンスポーツをする方は、ぜひ利用してみましょう。

腕時計の防犯カメラ

デジタル腕時計のような形をしているけれど、実はビデオカメラというグッズがある、と聞きました。その用途は、防犯のためだそうです。
思わぬ状況で突然、犯罪に巻き込まれてしまう可能性が無いとは言えません。そんな緊急事態が起きた時、ビデオカメラの映像は事件の詳細を記録した重要なデータとなります。



タイトルとURLをコピーしました