恋愛心理学から学ぶ、返事をもらいやすいメールの書き方

メールの返事が来ない……

好きな人にメールを送った時、返信が待ち遠しいです。
だけど何日も返事が来ないと

「嫌われちゃった?」

「何か変な事、書いちゃった?」

 

などと、考えてしまいます。
「考え」が悪いほうにどんどん進んでいき、ヤキモキしながらメールを待つ、そんな事があったと思います。

質問文を書いておきましょう

もしも自分の事ばかりが書かれているメールや特に内容が無いメールなどでは、返事をしようと思っても内容を考えることが大変です。

なので自分の事を書きながらも、さりげなく相手に質問をしましょう。例えば、

「私(僕)は洋画が好きなんだけど、○○さんはどんな映画が好き?」

 

という感じです。

相手が返事を書こうと思った時、あまり内容を考えなくても、簡単に返信できるようなメール文を書く。

そうする事が大切でしょう。

催促してはダメ

逆にやってはいけない事は、「絶対に返事ください」などのように返事を強要するメール文です。
また、なかなか返事が来ない時に「どうして返事をくれないの?」というメール文も、避けたいところです。特に付き合ってもいない相手から「そのような質問」をされると、相手は引いてしまいます。

返事がなくて、どうしても不安な時は、何気ないメールを送ってみましょう。「軽い感じ」の内容が、良いです。相手が返事しやすいメールを送る、ということを心掛けてください。

「気持ち」を伝えるメール

電子メール現代では、恋愛に使われる主な連絡手段としてスマートフォンが挙げられます。昔なら、自宅の電話や手紙が主な連絡手段だったのですが、ずいぶんと様変わりしました。

近年、手紙を書く事は少なくなりました。ですが文字で「気持ち」を伝える事は、現代でも頻繁に行なわれています。従来の手紙に代わって用いられている物と言ったら、メールとなります。
※近年では、インスタントメッセンジャーのチャットも、よく使われています。

二人の仲が親密であれば、たくさんのメールは嬉しいでしょう。ですが、どちらか一方の「気持ち」が冷めかけていたら、メールを受け取る事を重たく感じてしまうでしょう。
メールは便利で手軽な手段ですが、「相手の気持ち」を思いやって使う事が大事です。相手の都合を考えず、一方的にどんどんメールを送り続けたら、かえって仲が悪くなってしまうでしょう。

実際に出会って会話する事も、大事です。いい恋愛を続けるために、上手にメールを活用していきましょう。

無理をしないようにしましょう

「メールのやり取り」でよくある事が、最初は頻繁に返事が来ていたのに、だんだんメールの間隔が長くなってしまうというパターンです。
何回も「メールのやり取り」をしていると、だんだん話題も少なくなっていきます。それでも始めは相手に気を使って、一生懸命に返事を書いたりします。でもそのうち、気遣うことに疲れていきます。

とは言え、気になる人や好きな人とメールだけでも繋がっていたい、「そんな気持ち」を持っている人は多いでしょう。ですが無理してメールを送っても、良い返事をもらえないかもしれません。やはり無理は禁物です。

※以上、メール文について書きましたが、チャット文でも同じことが言えると思います。チャットする際も、こちらの記事を参考にしていただけたらと思います。

心理学
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム