ハワイの踊りフラダンス

フラダンス音楽やダンスの話題の一つフラダンスについて、お話したいと思います。

「フラ」と言えば、「ハワイの踊り」としてよく知られています。今では世界中で踊られています。
ハワイには、海、山、大地などの自然神が存在するという「固有の神話の世界」が、昔からあります。記述言語を持たなかったハワイの人々がコミュニケーションを取る手段として、「神々の舞い」を手本にしたそうです。それがフラの始まり、と言われています。

フラ(=hula)とは、ハワイ語で「踊り」という意味です。よって日本語でフラダンスと言えば、「踊り踊り」という意味になってしまいます。「フラダンスを習っている」という言い方については、「フラを習っている」という言い方のほうが適切でしょう。

大人の習い事として「おすすめのダンス」

もしもフラダンスを学びたいと思ったら、フラダンスの学校に行くと良いです。
ハワイ語で「学校」の事を「ハラウ」と言います。フラハラウとは、「フラの学校」となります。ちなみに「先生」の事を「クム」、「師範」の事を「アラカイ」と言います。
ネット上で「フラ ハラウ」という言葉を検索すると、フラダンスの教室が見つかると思います。興味があったら、フラ教室に通ってみましょう。

フラダンスは、大人の習い事としておすすめです。なぜかと言うと、他のダンスと比べて「動き」がゆったりとしているからです。確かに激しい運動ではありません。だけど有酸素運動です。なので意外と体を鍛えられる、と思います。

フラダンスの基本は、膝を少し曲げた状態です。その状態で左右に移動して踊ります。よって意外と足腰を鍛えられます。
足腰の鍛錬だけでなくて、腕も鍛えることができます。踊っている間、腕をずっと同じ高さに保っているからです。

フラダンスは、華やかな衣装も魅力です。踊っている際、多くの方たちがレイをかけたり、パウスカートをはいたりして、楽しんでいます。

パウスカート

フラダンスの話題の際に、パウスカートという言葉を聞いたことがあるかもしれません。これは、フラの練習用スカートの事を言います。フラシスターたちは、このスカートをはいて練習を行ないます。
なおパウスカートには、発表会用の物もあるようです。

パウの柄には、ハイビスカスやプルメリアなどの花柄やハワイアンの楽器、そして無地の物など多くの柄があります。色は自由という事で、様々な色の物があります。
なお、パウスカートの作り方は、ウエストにゴムを通すだけです。簡単なので自作できます。



タイトルとURLをコピーしました