アロマと加湿器を活用して、風邪の予防をしましょう

元気な体で風邪予防

すぐにウイルスや細菌に感染する人もいれば、なかなか感染しない人もいます。その要因の一つは、人それぞれの「免疫力の違い」によります。大まかに言えば、ウイルスと戦える免疫力を発揮できる体であるなら、一方的にウイルスに負ける事はないでしょう。

そんな病気に負けない体・元気な体を作るためには、地味な方法かもしれませんが、健康に良い食事を取る事です。「ご飯」や「肉」を始め、「野菜」や「海草類」「きのこ」など、多くの食材を食べる事が大切です。

ただし病気の症状がひどい場合や新型のインフルエンザに感染した場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

アロマで風邪予防

風邪の予防策で、その他にも何か良さそうな事をやってみたい。そんな方はアロマを活用して、風邪の予防対策を行なってみましょう。

例えば殺菌作用があるアロマオイルを使って、風邪の予防対策を行なってみましょう。アロマポットを使ったりマッサージオイルとして用いたりして、殺菌作用を持つアロマを利用します。お風呂にアロマを入れる事も、いい使い方です。自分にとって使いやすい方法で、風邪の予防対策を行ないましょう。

殺菌作用があるアロマオイル

風邪の予防に活用できるアロマ、例えば殺菌作用を持つアロマと言えば、

シナモン、ティートリー、ペパーミント、パイン
ラベンダー、ローズマリー、ユーカリ

などがあります。これらは「香り」の面でも多くの方に受け入れやすい精油なので、使いやすいでしょう。

例えばシナモンは、抗菌作用を持っているアロマの一つです。冬では風邪の予防として、部屋でシナモンのアロマを焚くと良いでしょう。そうすればシナモンと湿気の効果によって、ウイルスが室内に蔓延することを防げます。

ご家庭を始め、多くの方が出入りする職場などでも、シナモンのアロマは有効です。

アロマ加湿器

アロマ加湿器近年では、アロマに興味を持つ人が増えているようです。そのため、アロマを楽しめるグッズも増えてきました。
そんなグッズの中でも風邪の予防に使える物は、アロマ機器に加湿器が付いている物です。

冬の乾燥した季節には、加湿器を使っている人が多いと思います。その加湿器から「心地良い香り」のアロマの水蒸気が出てきたら、部屋中が「いい香り」に包まれるでしょう。アロマ加湿器で、風邪の予防に有効なアロマオイルを使ってみましょう。健康維持に役立つ、と思います。

風邪の原因の一つ・空気の乾燥

風邪が流行する時期は、だいたい決まっていると言えます。気温が低くて空気が乾燥している「冬の季節」です。実は空気が乾燥していることは、風邪の流行を後押しすることになります。空気の乾燥によって、鼻や喉の粘膜も乾燥してしまい、粘膜が傷みやすいからです。そんな傷んだ部分にウィルスがやって来ると、風邪を引いてしまう原因となります。

鼻や喉の粘膜が潤っている状態なら、空気中から口の中に侵入してきた風邪のウイルスは喉を通過して胃の中に落ちてゆきます。胃の中には胃酸があるので、ウイルスを死滅することができます。つまり、風邪を予防したことになります。

鼻や喉の乾燥を防ぐのに、例えばマスクは役に立ちます。マスクを着用することで、鼻や喉の粘膜を湿った状態に保てるからです。体外から体内に侵入してきたウィルスを、鼻や喉の粘膜によってガードできる訳です。
ちなみにこまめに水分を取ることも、鼻や喉を潤すことに繋がります。水分補給も風邪の予防に一役買う、と言えます。

咳が出るなら加湿しましょう

風邪の予防に頑張っていたけれど、風邪を引いてしまい、咳がたくさん出る場合、まずは医者に診てもらって治療を受けることになります。

そして自宅においてもケアが必要です。もしも部屋の空気が乾燥しているなら、加湿器を使うと良いです。湿度を適度にすることで、喉の負担を軽減できます。加湿器は、風邪を引いた後でも活用できる物と言えます。
ちなみに部屋の空気が適度に湿っていると、ウイルスは空中を浮遊できません。部屋の中の湿度が適度にある事は、咳をした際、ウイルスが飛び散る事をある程度防いでくれます。風邪を引いた人がいる部屋では加湿器を使ったり、濡れたタオルを干したりして、部屋の湿度を保ちましょう。

食事では、刺激物を食べないようにしましょう。刺激が強い食品は喉に悪いからです。あと、冷たい食べ物も避けるようにしましょう。とにかく喉に対して刺激を与えない物、優しい物を食べるようにしてください。
喉を水分で潤すことが大事と言えます。なので、水分補給も充分に行なってください。

子供さんが風邪を引いて咳が多い場合は、子供を落ち着かせることが大事です。なぜなら、子供は喉が痛いのにも関わらず、大泣きしてしまう可能性があるからです。力いっぱい泣き叫んでしまうと、さらに喉を痛めることに繋がります。周りの大人が、子供を安静に保つように配慮してください。

部屋の換気もしましょう

家族の誰かが風邪を引いている場合、部屋の中にウイルスが蔓延していると言えます。そんな時、換気をしたら、部屋の中のウイルスを外に追い出すことができます。
これは風邪の感染予防に繋がるでしょう。部屋の中をウイルスがふわふわと飛んでいると、ウイルス感染しやすいと言えます。部屋の中にいる誰かが、その浮遊しているウイルスを吸い込みやすいからです。

ウイルスは目に見えませんが、なんとなく部屋の空気が「どんよりしている」と感じた際、部屋の換気をしましょう。部屋の中に新鮮な空気を取り入れたら、部屋の「どんよりした雰囲気」をリフレッシュできる、と思うからです。

タイトルとURLをコピーしました