取り過ぎに注意、ダイエット中の水分補給

体に悪い、水分の取り過ぎ

ダイエット中の水分摂取について、どのくらいの量を取ったらいいのか?よくわからないと「お悩みの方」もいるでしょう。

水分を取り過ぎると、「むくみ」の原因になる事が指摘されています。
その他、手足が冷えたり体が疲れやすくなったりなど、様々な症状を引き起こすと言われています。

飲み水

適量の水分を補給する事は大切です。ですが、ガブガブと水を飲んで取り過ぎないように気をつけましょう。

一般的に一日当たりの水分摂取の量は、「1.5リットルから2リットル」と言われています。
それ以上の水分を取ると胃の中の胃酸が薄まって、胃の消化機能を低下させてしまいます。この状態で食べると、胃がもたれやすくなります。

「むくみ」の原因

「水分の取り過ぎ」は、臓器や組織細胞を冷やすことに繋がります。冷やされた臓器や組織細胞は、実際に必要な水分を充分に取り込めなくなり、水分が細胞と細胞の間に溜まります。これは、「むくみ」の原因となります。

ダイエットでは、「むくみ」の解消もポイントと言えます。なので体がむくんでしまうと、ダイエットもうまくいきません。

体の「むくみ」を解消するには、まずは体を冷やさないようにしましょう。その他にも、血行の促進や体内の老廃物排出なども、「むくみ」の解消に役立ちます。

もちろん、適量の水分補給は必須です。体の中の水分量を一定に保つためにも、毎日の水分補給が必要です。過剰に水分を取らないように気をつければ、まずは大丈夫と言えます。

「むくみ」を改善する食品

「むくみ」を改善できる食べ物としては、利尿作用があるキュウリやスイカ、冬瓜(とうがん)、バナナなどが挙げられます。小豆も、利尿作用があるサポニンが多く含まれている食材です。
これらの食べ物は、「むくみ」の解消に効果的だと言われています。

水分量を調節するダイエット用サプリメント

ダイエット・サプリメントには、いくつかの種類があります。その中の一つに、体内の水分量を調節するサプリメントがあります。

人間の体の約70%は水分からできている、と言われています。
このサプリメントは、「体内の余分な水分を排出させる働き」を持っています。なので、体の「むくみ」を解消させるのに役立つでしょう。

ダイエット食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム