高い血圧が続いている状態・高血圧症

高血圧症

血圧には、最高血圧と最低血圧があります。最高血圧とは、心臓が最も収縮した時の血圧のことになります。最低血圧とは、心臓が最も拡張した時の血圧になります。

このように血圧は、心臓が血液を送り出す際の圧力となります。しかしその際、血管が狭くなっている、血管が詰まっているという場合、さらに高い血圧となります。なぜなら通常の血圧では、血液が思うように流れないため、無理矢理圧力をかけて血液を流すことになるからです。

このような通常よりも高い血圧が続いている状態のことを、高血圧症と言います。高血圧症は、病気の要因となります。なので医師の指導の下、改善してゆくほうが良いと言えます。
高血圧の治療においては、一般的に医師から処方された降圧剤を飲むことになります。特に重症の高血圧の場合、危険な症状を防ぐために、すぐに降圧剤を飲んで血圧を下げる必要があります。

ただし降圧剤は、根本的に高血圧を改善する薬ではありません。高血圧を抑えるための薬と言えます。なので、正常な血圧になったからといって降圧剤の服用を止めると、再び血圧が上がってしまうことが多いそうです。

自覚症状を和らげる漢方薬

循環器の病気の中の高血圧症、低血圧症、動悸という症状に対して、漢方薬は一定の効果を期待できます。漢方薬を使って高血圧症を改善してみたいと思う場合、医師に相談してみると良いでしょう。もしかしたら将来、血圧を正常に保てる体になれるかもしれないからです。

漢方薬は、降圧効果を期待して用いられることがありますが、むしろ高血圧症に伴う「肩こり」や「頭痛」、「のぼせ」や「めまい」、「不眠」や「不安感」などの自覚症状に対して、その効果を期待されていると言えます。
よって多くの場合では、降圧薬との併用療法や、減塩、低脂肪食という食事療法を続けることが必要となります。

高血圧症の人については、一般的に身体がしっかりとしたタイプが多くて、活動的、積極的と言えます。これについて、漢方医学の観点からは、「陽証で実証」と分類されます。
よって、高血圧症に対して用いられる漢方薬は、ほとんどが陽証、実証向きの物になります。それらの中から、それぞれの症状に対して適切な漢方薬が選択されることになります。

高血圧症において便秘を伴う場合では、「大柴胡湯(だいさいことう)」や「サンオウシャシントウ」を用います。
不眠やいらいらを伴う場合では、「サイコカリュウコツボレイトウ」を用います。「肩こり」や「めまい」「頭痛」を伴う場合には、「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」を用います。
このように、それぞれの症状に応じて適切な漢方薬が使用されます。

高血圧症の人で、体力が弱いタイプ(虚証タイプ)の方がいます。そのような方に向いている漢方薬もあります。それは、「冷え」や「排尿障害」に対して効果があるとされている「八味地黄丸(はちみじおうがん)」などです。この薬は、お年を召した方に対して、用いられます。

日常よくある、血圧の上昇

血圧測定

ちなみに病気とは関係なく、日常生活において血圧が上昇する「きっかけ」がいくつかあります。
例えば「気に入らないこと」があってイライラしたり、「言い争い」をしてカーッと怒ったりした場合などで、血圧は突然に上昇します。このようなストレスを受けると、ホルモンのアドレナリンなどが血液中に増えて、その結果血圧を上昇させるからです。

その他にもタバコのニコチンは血圧を上昇させる、と言われています。タバコを吸うと、血液中のコレステロールが増加するそうです。そのような血液はいわゆるドロドロな血液であり、動脈硬化を悪化させる要因とされています。血圧や血液の健康面から考えると、喫煙は良くないこととなるようです。

気をつけたい、急な血圧の上昇

血圧の変動は、気温の変化や水分不足、精神的なストレスなどで起きます。例えば暖かい部屋から、とても寒い外に出た際、「その寒さ」のために、血管が収縮して血圧がグッと上がります。

急激な血圧の変動は、脳梗塞を引き起こす「きっかけ」になりやすいと言われています。朝起きてから午前中という時間帯に、脳梗塞が多く発生しています。これは睡眠中、水分が体に補給されないためです。血液は粘っこくなり、血管が詰まりやすくなっているので、脳梗塞が起きやすいとされています。

日本人の死亡原因として知られている脳血管疾患において、脳梗塞は最も多いと言われている病気です。日頃から予防を心がけておきたい病気と言えます。
血圧が上昇したからといって、必ず脳梗塞になる訳ではありません。ですが予防医学という面から考えると、血圧を急激に上昇させる事はなるべく避けたほうが良い、と思います。



タイトルとURLをコピーしました