ITリテラシー能力を評価する資格・IC3

インターネットに関するパソコンの資格で、「IC3」という資格があります。ちなみに「IC3」とは、「Internet and Computing Core Certification」の略です。
パソコンを使用してインターネットを使いこなす能力のことを、ITリテラシーと言います。
IC3とは、この「ITリテラシーの能力」を客観的に評価することを目的として、2002年に策定された資格試験です。
IC3は、ITリテラシー能力の高い人に対して認められる資格です。

この「IC3」は、インターネットを使いこなす能力だけを評価する、ということではありません。
IC3の試験を合格することによって、パソコンのソフトとハードに関する基本知識と操作方法を、習得できます。
IC3の資格では、パソコンのみならずプリンタなどのハードウェアに関する知識も、求めています。
もちろんWindowsの知識と操作方法に関する「能力の高さ」も、求めています。
ワープロソフトや表計算ソフトに関するスキル、ネットワークやインターネットに関する知識も必要となります。

つまり、IC3資格を取得するためには、様々なパソコン環境に適応できる能力と知識が、必要となります。例えば、パソコンにトラブルが発生した時の対処方法も知っている必要があります。

以上のように「IC3」では、様々な知識を求められています。ですが、それほど難しい資格ではない、と言われています。
パソコン初心者でも、ある程度の勉強をすれば受かる試験ということです。なので、パソコンに関する資格として、第一歩の目標とするには良い資格であると思います。
また、IC3資格を持っていれば企業からも注目されたりして、就職や転職に有利と言えるでしょう。

なお、IC3の資格試験は、世界共通の資格試験です。そして試験内容は科学的な分析に基づいて、レベルが常に一定に保たれているという特徴があります。
また、パソコンの世界は、日進月歩で常に技術が進歩しています。そのため、最新の技術と知識が試験に網羅されるように、2年に1度、世界中から関係者が集まって、出題内容などの試験内容が見直されているようです。

パソコンに関して学べる資格です

パソコンを使いこなす事パソコンを使いこなす能力といっても、その分野は多岐に渡ります。
パソコンが得意といっても、インターネットが得意であったり、ワープロソフトが得意であったり、その分野は様々です。
インターネットを使えてもワープロソフトの操作ができない、という人もいると思います。
いつもネットサーフィンをやっているけれど、パソコンのOSについてはよくわからない、という人もいるでしょう。
パソコンのソフトを使えても、パソコンのセットアップやトラブルに対処できない、という人も多いと思います。

IC3資格は、パソコン初心者や、ソフトウェアに詳しいけれどパソコンのハードに関する知識が不足しているという人に、おすすめの資格であると思います。
パソコンの初心者で、パソコンに関して「どのようなことを勉強したらいいのか?」と考えた際、IC3の資格を学ぶと良いでしょう。
また、パソコンソフトに関する知識が豊富な人も、この資格を学ぶことで、パソコンのトラブルに対処できる方法を学べると思います。

IC3資格を取得後、余裕があれば他のパソコンの資格、例えば「マイクロソフトオフィス スペシャリスト」や「初級 システムアドミニストレータ」などの資格取得を、目指すことも良いです。
または、ネットワーク関連の資格を取得しても良いでしょう。

※この記事は2008年当時の記事になります。

タイトルとURLをコピーしました