一年中おいしいアイスクリーム

アイスクリームと言ったら、暑い夏に食べる物と思うかもしれません。だけどアイスクリームが好きな人は、季節を問わずに一年中食べているそうです。
そして食べるのは大人だけではありません。小さな「お子さん」にとっても、アイスクリームは喜ばれるでしょう。
例えば、「濃厚な味わい」のものが喜ばれたりします。上質なミルクを使ったバニラアイスクリームや、お子さんが好きなストロベリーアイスクリーム、年配の方には抹茶アイスクリームなどが美味しいです。「コーン付き」のアイスクリームもあり、こちらも「お子さん」が喜びそうです。

「アイスクリームの大きさ」については、色々な味を楽しむことができる「小さなカップアイスの詰め合わせ」や、大きな容器に入っていて、みんなで取り分けて食べるタイプのものがあります。「好み」や「家族構成」に合う大きさのものを、選びましょう。

ところでアイスクリームの良いところは、消費期限が定められていないところです。基本的に冷凍庫に入れておけば、いつまででも保管できます。なので、食べ残して困ることもないでしょう。

消費期限なし

夏の季節に食べるアイスクリームは、とても美味しいです。そして冬に食べるアイスも、美味しいです。暖かい「こたつ」に入って食べるアイスは、意外とうまいです。アイスクリームは夏だけでなくて、冬の季節もぜひ食べたいです。

ところで、もしかしたら夏に購入したアイスクリームを冬になって食べるという人が、いるかもしれません。
一般的にアイスクリームには、消費期限が設定されていません。冷凍庫で適切に保管すれば、長持ちするとされています。
だけどそうは言っても、品質は徐々に落ちてゆくでしょう。味も少しずつ、まずくなってゆくかもしれません。なので購入したら、早めに食べるほうが美味しいと思います。アイスを買ってきてすぐに食べるほうが、アイス本来の風味を味わえると思います。

冬では、部屋が暖房で暖められていて乾燥しています。意外に、冷たい物を食べたくなったりします。そんな時は、アイスクリームを食べてみましょう。暖かい部屋で食べるアイスは、夏に食べるアイスとは違い、なかなか味わい深いです。

 あんまり太らないと言えるアイスクリーム

アイスクリームもしかしたらダイエットをしている方の中で、「アイスクリームが大好き」という人がいるかもしれません。
そんな人は、アイスクリームを食べたら太ってしまう、と心配でしょう。アイスクリームは、きっと高カロリーに違いない。だからダイエットの敵だ。そう思っている人が多い、と思います。

ですが実際のところ、アイスクリームを食べてもそんなに太らないそうです。アイスクリームは、他の食品と一緒だそうです。特別に「太る食べ物」と言えません。

アイスの乳脂肪の含有量について、一般的に多い順番に並べると次のようになります。
アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓。
しかし乳脂肪の含有量が多いほどカロリーが高い、とは限りません。例えばラクトアイスは、乳脂肪が少なめです。ですが植物性脂肪が含まれているので、高カロリーです。

氷菓のカキ氷は、低カロリーのイメージがあります。しかし練乳やアイスクリームが含まれている物は、その分だけカロリーは高いです。低カロリーな物にしたい場合は、シンプルな氷だけのアイスが良いです。

食べても太りにくい時間帯

アイスクリームを食べる時間帯に気をつければ、アイスを食べても太りにくいようにできるそうです。
なるべく太りにくい食べ方は、体温と関係があります。午後の時間帯で体温が高いのは、15時から18時頃です。なので「この時間帯」にアイスを食べると、わずかに太りにくくできるそうです。
アイスを全く食べないことでストレスを抱えるよりも、思い切って食べるほうがダイエットを続けられる、と思います。

ちなみにカロリー量で考えると、ソフトクリームよりもコーン(お菓子のクッキー)のほうが、カロリーは高いです。ソフトクリームには空気が多く含まれていて、その見た目よりもカロリーが少ないからです。

注意!アメリカのアイス

アイスクリームを食べても「あんまり太らない」と言っても、アメリカのアイスクリームを食べたら太る気がします。なぜならアイスを始めとするアメリカの多くのデザートは、日本人の感覚では「甘すぎる」と言えるからです。この非常に甘い味が、アメリカのデザートの特徴となります。

なぜ甘いかと言うと、その作り方を見るとわかります。一例を言うと、甘いアイスクリームに液状のチョコレートやキャラメルをかけたりします。他にはチョコレートのアイスクリームの中に、砕かれたチョコレートが多数入っていて、さらにホイップクリームがたっぷり乗せられたブリザードスイーツがあります。とにかく、甘い物に「さらに甘い物を付け足しているいる感じ」です。

あと「サイズの大きさ」も、アメリカのデザートの特徴と言えます。日本の物と比べて、その「大きさ」はビッグと言えます。
アメリカのスーパーマーケットでは、バケツサイズのアイスクリームが販売されていたりします。アイスクリームが、バケツに入れられて販売されています。「山盛り」のアイスを目の前に出されたら、アイス好きなら嬉しいでしょう。ですが一人でそれを食べたら、たぶん太ります。

色んなアイスクリームを食べましょう

アイスクリームと言っても、色々な物があります。全国を見渡すと、様々なアイスクリームが見つかります。観光地などに行くと、その土地ならではのアイスクリームがあったりして、その種類は数え切れないほどです。例えば、
北海道のラベンダーアイスクリームやメロンアイスクリーム、
京都の抹茶アイスクリーム、
沖縄の黒糖アイスクリーム、
静岡の「うなぎアイスクリーム」などがあります。

基本的に、その地方でしか味わうことのできないアイスクリームです。だけど、もしかしたら通販で買えるアイスがあるかもしれません。ご当地のアイスクリームを食べてみたいと思ったら、ぜひ通販などで探してみましょう。

お菓子
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム