上品な味で美味しい「いちご大福」

「いちご」の「お菓子」

「いちご」を使った「お菓子」には、色んな物があります。
例えば和菓子では、「いちご大福」が有名です。その他にも「いちご饅頭(まんじゅう)」や「いちごドラ焼き」などがあります。「いちご」の甘酸っぱくてジューシーな味は、「あんこ」と相性が良いです。

洋菓子でも、ケーキ屋に行くと「いちご」を使っている物がたくさんあります。
「いちごタルト」や「ミルフィーユ」「いちごムース」など、様々な種類があります。「苺ロールケーキ」もあったりします。たっぷりの生クリームで、「いちご」を包んだロールケーキです。他にも、生の「いちご」にチョコレートをコーティングした「お菓子」もあります。

「いちご」が好きな人にとっては、そのような和菓子や洋菓子は、大好きな「お菓子」と言えます。

なお、「いちご」をそのまま使っている「お菓子」は、消費期限が短いそうです。気をつけましょう。ただし、「いちご」をフリーズドライ加工して、チョコレートでコーティングした「お菓子」の場合は、日持ちします。

いちご大福

いちご大福冬になると、「いちご」を使った「お菓子」が多くなります。冬の果物と言えば、「いちご」です。
その「いちご」を使った「お菓子」と言えば、「いちご大福」があります。「いちご」と「あんこ」を組み合わせた「お菓子」です。近年では、冬の和菓子の定番となっています。

大きな「いちご」が入った「いちご大福」は、その見た目がとても可愛らしいです。
なお、「いちご」の大きさについては、結構大きい物があります。例えば、「いちご」が大福の中に入りきらずに、上に乗っているタイプの物があります。
もしも贈り物として「いちご大福」を贈るなら、このような大きい「いちご」の大福を贈ると、相手をびっくりさせて、喜ばれるかもしれません。

いちご大福で使われている「あんこ」は、一般的に「白あん」が多いようです。
「いちご」と「白あん(こしあん)」の絶妙なバランスが何とも言えません。とても上品な味です。「甘さ」は控えめなので、甘い物が苦手な人でも美味しくいただけます。

また、小豆を使用した「いちご大福あずき」もあります。こちらは「粒あん」です。あっさりとした甘さに仕上がっています。

手作りできる「お菓子」

実は「いちご大福」は、和菓子の中でも手作りできる「お菓子」と言われています。市販の「いちご」を用いて、ご自分で「いちご大福」を作れます。
手作りの「お菓子」と言えば、ケーキやクッキーという洋菓子を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし和菓子でも、簡単に手作りできる物があります。

材料は、「いちご」と「白玉粉」、「あんこ」と「砂糖」、「水」です。
一つの大福に「いちご」を丸ごと使うと、贅沢な気分を味わえる「いちご大福」になります。

「いちご」は、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれています。なので、美容に良い果物です。
また、「いちご」を使った「お菓子」は、赤やピンク色で美しいです。なので、見た目がとても「かわいい」です。見た目が良いので、美味しそうに見えます。

年中楽しめる「いちご」の「お菓子」

先程、「いちご」は冬の果物と言いましたが、春に採れる「いちご」も美味しいです。春の季節限定のスイーツとして、「桜もち」や「いちご大福」があったりします。

そして実際のところ、ビニールハウス栽培の「おかげ」で、一年中「いちご」を収穫できます。そんな状況なので、例えば通販では「いちご」の「お取り寄せスイーツ」が、一年中販売されています。
お取り寄せスイーツなら、自宅で手軽に利用できます。全国の美味しい「いちごスイーツ」を取り寄せて、楽しみましょう。

お菓子
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム