SDカードのデータを誤って削除したなら、復元を検討しましょう

データの復元

写真データを削除

操作ミスで、写真を削除してしまった。。。

例えば操作ミスなどによって、デジタルカメラの画像ファイルを消してしまうことは、よくあることです。

旅行で撮った大切な写真の画像ファイルを間違えて削除してしまった、1コマだけ消すつもりが誤操作で全て消してしまった、というミスがよくあります。
SDカードをフォーマットしたら、そのSDカードに大切な画像ファイルが入っていた、ということもあります。

実は、このように誤って画像ファイルを消した時でも、画像データを復元できる可能性があります。
復元する手段としては、市販のデータ復元ソフトや、復元してくれる業者などがあります。
(復元できない場合もあります。ソフトの説明書を読んだり業者に相談したりして、ご確認ください)。

データ復元できる状態

ところで、なぜ消してしまった画像データを復元できるのでしょうか。

例えばデジタルカメラで写真を撮ると、画像の他に、その画像がメディア内の「どこに保存されているか」を示すインデックスデータが作成されます。
画像データを削除するという操作は、

このインデックス部分のデータに対して、削除という情報を書き込むことになります。

この時点では、「画像データそのもの」は残っています。なので、この時点で復元ソフトを使用すれば、その画像データを復元できます。

もう少し詳しく言うと、インデックス部分のデータに「削除の情報」が書き込まれた時、そのインデックスデータと関連があった画像は、デジタルカメラやパソコンからは見られなくなっています。
よってデジタルカメラやパソコンからは、画像データが存在していないように見えます。

しかしその後再び撮影して、先程の「画像データそのもの」が上書きされた場合は修復不可能となります。

もしも市販のデータ復元ソフトを使ってもデータを復元できなかった場合、データ復元の専門業者に依頼すれば、失ったデータを復元できるかもしれません。自分でやるよりも、高い確率で復元してもらえると思います。
しかしこの際、料金が発生します。「データの大切さ」と「費用(金額)」を比べて、依頼するかどうか判断する事になるでしょう。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム