エステティシャンになりたいなら、専門・養成学校で学びましょう

エステティシャンになるには

エステティシャン女性の感性を活用した仕事の一つに、エステティシャンがあります。
このエステティシャンになるためには、国家試験などの特別な試験は必要ありません。

しかしエステの仕事では、人の体に直接触れるので、やはりきちんと勉強しておく必要があります。

エステについて勉強できる専門学校や、エステのコースがある養成学校で学びましょう。

エステティック専門店に勤めてからも、そのサロン独自の研修を受けたりして、しっかり知識と技術を身に付けましょう。

エステティック・スクール

近年ビジネスとして、エステを学ぶ女性が増加していると聞きます。
例えばミスパリ エステティックスクールでは、一流のエステティシャンになるためのコースを選べます。総合コースからプロ講師養成まで、様々あります(2007年当時)。
期間については、1年間または短期間から選択できます。これなら都合に合わせて、資格の取得を目指せるでしょう。

総合コースでは、日本エステティック協会の認定エステティシャン受験資格や認定脱毛エステティシャンの受験資格を取得できます。

1年間スクールに通うコースでは、エステティック・マスターコースもあります。
このコースは、エステティック・エレガンスを学ぶためのコースです。上級テクニックと理論、介護知識を学びます。プロの講師を育てるコースになります。
ホームヘルバー2級の資格を取得できます。そして、介護予防エステティシャン受験資格とソワンエステティック協会認定講師の受験資格も、得ることができます。

短期コースでは、次のようなコースがあります(6ヶ月からの短期コース)。
認定エステティシャンコース、通信教育コース、
認定脱毛エステティシャンコース、リフレクソロジーコース、
アロマテラピーコース。
通信教育も用意されているということです。

ミスパリは、卒業後の就職サポートシステムも充実しています。ミスパリスタッフサービスにより、全国で正社員として就労可能な就職先をサポートしてくれるそうです。

なおミスパリでは、全国で展開しているスクールで随時、学校説明会を実施しているということです。
※各コースについてなど、内容が変更されている可能性があります。最新の情報を、ご確認ください。

エステティシャンの資格

現場で実績を積んだ後に、民間資格である「認定エステティシャン」を取得しましょう。
そして、さらに国際資格である「CIDESCOインターナショナル・エステティシャン」を取得すれば、日本だけでなくて海外でも活躍できることになります。

「認定エステティシャン」とは、日本エステティック協会が認定する学校でエステを学び、試験を受けて合格すると取得できる資格です。
または、協会が主催している通信教育を修了して協会の正会員に入会した後に、試験を受けて合格すると取得できます。

「CIDESCOインターナショナル・エステティシャン」とは、国際的なエステティックの団体CIDESCOが認定しているエステティックの資格です。
CIDESCO認定資格者だけを採用しているサロンやホテルも、あるそうです。

これら資格の有無で、収入や将来性が違ってくるそうです。ぜひ資格を取得しておきましょう。