崩れにくいメイクにするために大切な事

毎日スキンケアする事

崩れにくいメイクにするために、メイクの前のスキンケアが大切です。
毎日のスキンケアで「崩さない肌」を保っている事が、崩れないメイクを可能にします。

その「崩れないメイクを可能にする肌」とは、

水分と油分のバランスが取れており、キメが整っている肌です。

スキンケアしている女性特に夏などは、皮脂を抑える事が「化粧崩れ」を防ぐのに良いと思ってしまいがちです。しかし必要な水分を補いつつ、過剰な皮脂を抑える事、これが健康な肌には大切な条件となります。

水分補給のケアを、しっかりと行ないましょう。例え夏でも、肌への水分をたっぷりと補給します。そして油分補給も、しっかりと行ないます。

メイクをする前提として、肌が健康であることが大切です。例えば肌が乾燥していると、肌トラブルが起きてしまいます。
年齢を重ねていくにつれて肌も衰えて、水分量がどんどん減少してゆきます。若い頃と比べて、乾燥に注意する必要があります。実際のところ、赤ちゃんの肌はぷるぷるしています。なぜかと言うと、水分量が多いからです。
メイクすることで美しい表情になるためにも、普段から肌への水分補給と保湿を心がけてください。

保湿する方法

メイクが汗で崩れて困る。特に夏の季節に、そのような声を聞きます。なるべく「メイク崩れ」を起こさせない工夫があります。それは「保湿する事」です。

保湿を意識したメイク方法の一つは、保湿液を活用する事になります。メイクが崩れる原因の一つに、肌が乾燥した事により、肌から皮脂が出てきてしまう事があります。そうなるのを防ぐには、肌の奥深くまで水分を染み込ませる事がポイントとなります。

なお、コットンで保湿液を付け終わったら、顔に「手のひら」を当てて保湿液を肌の奥深くに浸透させましょう。ちょっとした事ですが、こうするほうが保湿の効果を高める事ができるでしょう。肌がぷるぷるになるように、お手入れしましょう。

肌に合わせた下地を選ぶ事

あと、メイク前の化粧下地では、皮脂を抑えるマット下地や、「かさつき」を抑える保湿下地など、肌に合わせた下地をきちんと選びます。症状が部分的な場合は、下地も気になる部分だけで良いです。それでも効果があります。

ところでメイクアップの基本には、ベースメイクがあります。
その中でも今回は「化粧下地」「ファンデーション」について、お話したいと思います。

化粧下地

まず化粧下地において、顔色を整えるコントロール・カラーがあります。
イエロー系は、くすんだ肌色を明るくします。グリーン系は、肌の「赤み」を抑えます。ブルー・パープル系は、肌に透明感を出します。

コントロール・カラーについては、少量を指に取り、Tゾーン・ほほ骨の上・顎の下に乗せて、指で叩き込んで行きます。

次はコンシーラーで、吹き出物・クマをカバーします。
吹き出物の上に少量を乗せて、その周りを軽く叩きます。
クマには、その線にだけコンシーラーを塗り、よく叩き込みます。

ファンデーション

下地が完成したら、ファンデーションです。今回は、リキッドファンデーションです。

まず、ファンデーションを塗る部分によって適量が異なります。例えば目元・口元・額などのよく動く部分は、少量のファンデーションを使用します。

そして大切な事は、ファンデーションを「叩き込む事」にあると言えます。手でファンデーションを、叩き込みましょう。
指だけでは対応できない細かい部分については、スポンジで叩き込みます。

最後に、顔全体にフェイスパウダーを叩き込みます。

良いスキンケア化粧品を見つけましょう

以上簡単に、メイク前のスキンケアについて、お話しました。

なお、スキンケアにおいては、自分の肌に合うスキンケア化粧品を選ぶことが大切です。
化粧品メーカーは、海外メーカー・国内メーカーにおいて数多くあります。その中の一つを選ぶのは、とても迷うかもしれません。だけど、ピッタリなスキンケア化粧品を見つけましょう。

フェイスケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム