老眼を改善したいなら、ストレッチしてトレーニング

眼の老化現象・老眼

老眼の男性

老眼とは、眼の老化現象の一つになります
眼の老化というのは10代の頃から始まっている、と言われています。しかし、その老眼を自覚するのは、40代から50代くらいだと思います。

人間は老化してゆくので、老眼の進行を予防することは難しいとされています。しかし実際に老眼になってしまった場合、どうにかして回復させたいと願うでしょう。

残念ながら、物凄く視力を回復させることはできません。ですが徐々に、視力を回復させていくという方法はあるそうです。

余談ですが、裸眼の視力が0.1くらいの人が老眼になると、近い場所については、逆にメガネなしで見えるようになるそうです。でもそうは言っても、やっぱり視力は1.2くらいあるほうが良いです。

老眼の予防法

老眼の予防法について、専門家のアドバイスをご紹介したいと思います。参考にしてください。

  • 定期的に、眼を休ませるようにしましょう。
  • バランスが良い食生活を心掛けましょう。
  • なるべくストレスを溜めないような生活をしましょう。
  • 自分に合う対策方法を見つけましょう。

老眼を改善するストレッチ

「明かり」を使って、老眼を改善するためのストレッチを行なう事ができます。
このストレッチでは、目の中にある瞳孔の収縮を行なう筋肉を、鍛えます。そうすることより、老眼を改善させようというストレッチです。その筋肉は、虹彩筋という筋肉です。瞳孔は「周りの明るさ」によって収縮を繰り返すので、虹彩筋を鍛えることができます。

ストレッチの「やり方」は、以下のようになります。

  1. 顔に「明かり」を向けて、照らします。
  2. 目の前に手を置き、「明かりの強さ」を調節します。
    目の前に手をかざしたり、どけたりして、「明かりの強さ」を調節します。

なお虹彩筋は、自分の意思では動かせない筋肉です。なので「明かりの強さ」を変える事で、虹彩筋を動かします。
このストレッチ・トレーニングで、老眼の改善を期待できます。ただし老眼の症状がひどい場合は、眼科医に相談してください。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム