湿度や温度を調節してくれる、室内の畳

部屋を快適にする畳

畳近年では部屋の床において、フローリングが多く見られます。ですが日本家屋においては、畳のほうが快適であると言えます。

なぜなら、畳は空気の湿度や温度を程良く調整してくれたり、空気を浄化してくれたりするからです。

日本の気候は暑い夏や寒い冬があり、さらに高温多湿と言えます。そんな気候においては、畳は室内の環境を快適に保つように働き掛けてくれる物です。

畳の湿度調整

例えば畳の湿度調整機能については、1枚の畳で約500ccの水分を吸収してくれると言われています。そして吸収するだけでなくて、空気が乾燥している場合は水分を放出する、つまり加湿してくれます。
1枚の畳が「除湿機と加湿器の働き」をしてくれる訳です。

い草の温度調整

また、い草を用いた畳は、まるでスポンジのような構造となっています。畳の中に「たくさんの空気」を含むことが可能です。空気は、熱が伝わりにくい性質を持っているので、畳自身も断熱効果を持つことになります。

よって夏の季節では「空気の熱さ」を、冬の季節では「空気の冷たさ」を、畳が遮断してくれます。これは室温が適温であることを助けることになります。

部屋に畳を敷き詰めたいです

もしも予算が許すなら、自宅の部屋に「なるべく畳を用いる」ようにしましょう。そうするほうが、「快適に過ごせる住まい」になると思います。

とは言いつつ、私のほうは予算がないため、今のところ断熱カーテンや窓用断熱フィルムを使っています。ですが将来、自分の部屋に畳を敷き詰めたいです。そして畳の上に、大の字になって寝転びたいと思っています。