幼児英語の教室(覚え書き)

幼児英語の教室ママの中には、子供に英語を学ばせたいけれど、どのように学ばせればいいのか、よくわからないという方がいるかもしれません。

一つの方法として、幼児英語を学べる教室に通わせてみるといいかもしれません。幼児英語教室なら、他の子供達と触れ合いながら学ばせることができます。幼児英語教室を利用することを、検討してみましょう。
※なお、教室の授業内容については、最新の情報をご確認ください。

お子さんが英語学校で習った英語をしゃべりだした時には、子供の成長を実感できると思います。

ヤマハの幼児英語教室

幼児英語教室の一つに、ヤマハの幼児英語教室があります。

授業の内容については、1歳児の教室では、親から子供へ語り掛けたりする「子育て英語の授業」をしています。親子で遊びながら英語に触れる事を目的としています。

1歳の時期は、ママやパパの会話が大きく影響する時期です。子供がママやパパと話す時には、前頭葉が活発化されるとも言われています。
ママやパパと歌を歌ったり踊ったりする授業を行なうことで、英語の発音やイントネーションなどを両親と楽しみながら、子供の心に浸透させることができる、と言われています。

また、2歳から3歳コースでは、2歳から3歳の時期にしか身に付かないリズム感を付ける授業を行ないます。
親と子の家庭での会話を英語の歌に合わせたり、リズムに乗せたりして、授業を行なうそうです。子供が日常会話で使っている言葉を英語で表現して、遊び感覚で学べるようにしています。

ミネルヴァ

実際のところ、たくさんの幼児英語教室があります。その中の一つに、ミネルヴァがあります。ミネルヴァは、0歳児から中学生まで長く学べる英語教室です。

幼児英語を学べるクラスは、0歳から2歳までの「マミーKIDSクラス」と、3歳から5歳までの「幼児クラス」があります。

「マミーKIDSクラス」は少人数クラスです。なので集中して授業を受けられます。英語の音に触れたり、歌を歌ったりダンスをしたりしながら英語に親しみます。「お母さん」や「お父さん」と、楽しく英語を学べるコースになっています。

「幼児クラス」は、マミークラスと同じように少人数のクラスになっています。このクラスからは、「お母さん」や「お父さん」とは離れて、お友達と一緒に学ぶことになります。同じ年代の「お子さん」と、ダンスや遊びなどを通して触れ合います。

資料請求や無料体験を利用できるそうです。まずは「お子様」と一緒に、体験してみましょう。

小学館アカデミー

小学館アカデミーは、幼児から中学生を対象にした総合学習教室です(2007年当時)。

「幼児英語コース」では、楽しみながら英語を学べます。
1歳から2歳の子供さんは、お母さんと一緒に授業を楽しむことができます。これなら、「子供さん」も「お母さん」も安心できます。

授業については、英語圏の乳幼児が実際に言葉を覚える時に使う歌や遊びを、そのまま取り入れています。
講師は、子供の発達段階をよく理解した上で、子供さんの状況に合わせてレッスンを行なうということです。
自宅でできる英語を使った遊び方も教えてくれるそうです。なので、家族みんなで英語を楽しめるでしょう。そうなれば、子供さんはもっと英語が好きになるでしょう。

以下に、2歳児クラスの「授業の流れ」を書きたいと思います。
授業は、英語で挨拶をすることから始まります。そして、お母さんと一緒に絵本を読んだり、「おもちゃ」で遊んだりして、レッスンの雰囲気に慣れてゆきます。
先生の指示に従って歌や手遊びをしたり、映像を見ながら体を動かします。
最後に、アルファベットの歌を「お母さん」と歌い、英語で挨拶をして終了です。

なお、こちらの「幼児英語コース」で使う教材は、全て小学館アカデミーのオリジナルです(2007年当時)。
文字学習の教材では、楽しい絵本を使って音を聞いて、絵や文字と結びつける基礎を学びます。
また、自宅用教材として、30曲以上の歌が入った映像もあります。アニメなどの映像を見ながら、親子で楽しんで英語の歌を歌えます。こうしているうちに、英語の歌を自然と覚えられるでしょう。

英語
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム