レンタルも可能、格安の教材で学べる幼児英語

格安の教材でも学べる幼児英語

幼児英語の学習では、お金が掛かると言われています。例えば10万円や20万円程の料金が掛かったりします。ですがDVDやCD・絵本を利用して、格安で幼児英語を学ばせることもできます。

幼児英語の教材幼児英語のDVDは既に多くあり、お気に入りの物が見つかりやすいと思います。ファラッシュDVDやリトミックを使ったDVDなどがあります。
幼児英語のDVDを取り扱っているレンタルショップもあります。まずはレンタルしてみるのも良いでしょう。

試しにリトミックDVDを見ましたが、マザーグースの童謡を使っているDVDなどもあって、内容は結構充実していると思いました。
その他には、英語の発音に力を入れている物もあります。こちらも英語の勉強に役立つ、と思います。

また、高価な教材のDVDを手に入れたい場合は、中古の幼児教材を販売をしているショップなどを利用しましょう。意外と安く購入できます。

CDについてもDVDと同様に、レンタルショップで探してみると良いです。マザーグースのCDなどが見つかる、と思います。

絵本については「DOG」や「CAT]のように、わかりやすい単語が書かれている絵本が良いです。「グッドモーニング」などの挨拶が書かれている絵本も、良いです。
絵本については、図書館などでも借りることができます。なので「お金」が掛からず、良いです。

教材と教室の違い

ところで幼児向けの英語教室にも、月2回から3回だと、3000円から4000円前後で授業を受けられる施設があるようです。
また、時間制の託児所などでも、英語を教えている所があるそうです。もしも子供を預ける時は、そのような託児所を利用してみましょう。

実際に幼児英語を学ばせる場合、教材を利用するか・教室に通わせるか、悩んだことがあるかもしれません。以下に幼児英語の学習について、「教材と教室の違い」を考えてみましょう。

教材

まず教材は、家で使うことになると思います。よって教材の場合は、家で学ぶことができて、親や子供のペースで英語学習を進めてゆけます。
そして多く出ている幼児英語の教材から、子供に合う教材を選ぶことができます。
一度購入すれば「その後ずっと使えること」も、教材の良い点です。

なお、幼児英語を学ぶ時は、お母さんも一緒に遊びながら親子で英語を学ぶ教材が主流です。
例えば私が持っている教材の場合、1日60分くらい一緒に接する必要があります。
そのため、仕事をしている「お母さん」などは、教材の学習に必要な時間を知っておきましょう。忙しいなら、短い時間で大丈夫な教材を探してください。

教室

教室では、クラスが「それぞれの年代ごと」に用意されているようです。
同年代の子供たちと一緒に学べるので、子供は、英語を学ぶ友達を見つけられると言えます。
お母さんにとっても同じ経験を持つ親たちと話せるので、そこから仲良くできる親ができるかもしれません。

しかし教室が近くになかったり、人数制なので入会できなかったりする場合があります。
ちなみに教室の場合は、レッスンは月2回から3回程度なので、仕事をしている「お母さん」などにとっては、都合がつきやすいかもしれません。

どちらでも英語を学べます

どちらが良いかと言うと、親や子供たちによって違うと思います。でも、どちらでも幼児英語を学べると言えます。
もしも迷っているなら、教材と教室を両方とも試してみても良いでしょう。

英語
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム