一緒になって学ぶことが大事、親子で学ぶ幼児英語

親子で学ぶ幼児英語

幼児英語教育を行なう場合には、親も子供と一緒になって英語に触れ合うことが大切です。
例えば教材を利用する場合には、子供とCDを聞きながら一緒に英語で歌っているうちに、子供が覚えてしまったということもあるからです。
幼児英語の教材の中には、親と子が触れ合えるようにサポートしている教材があります。そのような教材を使えば、子供が、ママやパパと一緒に楽しみながら学べると思います。

英語を学ぶ親子また、「グッドモーニング」や「サンキュー」など、親子が英語で簡単な会話をすると、意味を理解しながら学べます。親子で英会話することは、英語を学ぶ良い方法と言えます。

他にも「おもちゃ」を使って遊んだり、英語の曲やDVDを見て体を動かしながら踊ったりと、子供が親と触れ合いながら英語を学べる方法があると思います。

ですが、子供と接していても英語を覚えてくれない。そんな風に焦るママも多いと思います。実は私もそうでした。そして同じように考えている親も、たくさんいました。

子供には、それぞれの個人差があります。なので、ゆっくり楽しく行なってください。
そして、できた時には、

「凄いね」
 

などと、声を掛けましょう。きっと子供は喜ぶはずです。

英語と触れ合いましょう

幼児に英語を楽しく学ばせると言うと、
「私に、できるのかな?」と、不安になる親が多いと思います。
子供に学ばせるために、頑張り過ぎる「お母さん」も多いと聞きます。
あんまり難しく考えずに、「親子遊び」の一貫と考えてみましょう。

もしも毎日子供に絵本を読んでいるママなら、英語の本に替えてあげるだけで良いと思います。また、テレビの時間に、一緒に英語のDVDを見るだけでも良いです。
これなら、簡単にできそうだと思えるでしょう。

子供にとっては、「いつもの遊び」を「英語に替えただけ」でも、良い刺激になります。子供が英語に慣れるまでは、少しずつ毎日触れ合っていきましょう。

慣れてきたら、簡単な英語を親子の会話に取り入れたりするのも良いです。例えば「グッドモーニング」などの朝の挨拶や、「アップル」という単語などを取り入れたりしましょう。
もしもカードリーダーを持っているなら、10分でも良いので、子供と楽しむと「もっと幅が広がる」と思います。
毎日続けることで、子供はママと楽しく遊びながら、英語に触れ合うことができるでしょう。

英語教材には、親子で一緒に取り組むことを重要としている物があります。
ただし教材によって、進め方が違います。使い方がわからない時は、説明書などで確認しましょう。

子供も親も無理をせずに、楽しみながら英語と触れ合ってください。

楽しく幼児英語を学びましょう

幼児英語で重要視されている事は、やはり楽しみながら英語と触れ合うことです。
例えば、幼児英語を楽しく学べるテレビ番組があります。教材や教室の授業に負けないくらい、内容が充実している番組があったりします。一つの単語を文章や他の単語、ストーリーなどと組み合わせていたりして、学びやすい内容になっています。
番組の時間では、15分くらいのものがあります。このくらいの時間なら、子供でも集中して見ることができます。
英語の歌においても、子供が好きな食べ物や動物などを使い、子供たちが歌いやすいようになっています。親子で発音を真似しながら、歌って楽しめます。

その他に、新しい幼児英語の楽しみ方として、親子留学があります。昔からあったそうなのですが、以前は「手続き」が難しかったそうです。しかし近年では、親子留学を実施している旅行会社が増えてきたそうです。そして安全に海外留学できるようになりました。

期間は1週間ほどの短期から長期まで、選べるそうです。
現地では、日本人スタッフも滞在しているので安心です。ママは語学学校、子供は現地の幼稚園や保育園に通うコースも、あるそうです。
また、英語も日本と同じように、その地域独特の「なまり」があります。それを直に体験することもできます。

留学先としては、アメリカやハワイ、オーストラリア、フィジーなど、多くの場所から選べます。
料金については、留学期間や場所などによって違います。いくつかの会社に資料請求をして、安心で安価なツアーを探しましょう。

実際に英語を学ぶ子供たちの中には、海外の様々な事に関心を持つようになる子供たちもいる、と聞きます。英語を楽しく学んだ子供たちが、将来、色々な場面で活躍してくれることを楽しみに思います。

英語
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム