家庭で出来るインフルエンザ対策・部屋の加湿

乾燥を好むインフルエンザ

空気が乾燥する季節では、インフルエンザにかかりやすくなります。特に冬になると、インフルエンザウイルスが流行することが多いです。なぜならウイルスにとって、温度20度前後、湿度20%前後という環境が最適だからです。
ちなみにインフルエンザウイルス以外の病原菌ウイルスも、同じように乾燥している環境を好みます。

インフルエンザは普通の風邪と違って、感染した後、しばらく潜伏しています。潜伏期間を経て、高熱とともに発病します。そして悪寒や倦怠感、鼻水・「のど」の痛みという症状が現れます。
身体の「あちこち」が痛くなるという関節痛の症状も、現れます。インフルエンザの関節痛は、普通の風邪の場合よりも「痛み」が大きいようです。
「小さな子供」や「お年寄り」とっては、インフルエンザが「きっかけ」になって命にかかわる病気になることもあります。なので注意が必要です。

インフルエンザ対策

部屋の加湿

インフルエンザにかからないための対策としては、外出時にマスクをすることや加湿器を使うことなどが有効です。

加湿家庭で出来るインフルエンザ対策の一つは、部屋を加湿することです。インフルエンザのウイルスは、湿度に弱いからです。よって、部屋を温かくして湿度を上げるという対策方法があります。温度では20度から24度、湿度では60%から70%くらいが、ウイルスを死滅させるのに最適とされています。

インフルエンザは、感染した人の「せき」や「くしゃみ」によって感染します。唾の飛沫により飛び散ったウイルスが、感染の原因となります。部屋を加湿して湿度をコントロールすると、ある程度ウイルスの飛散距離を短くできます。それは、人への感染を防ぐことに役立つでしょう。

もしも加湿器や空気清浄機をすでに持っているなら、それらを活用すると良いです。空気清浄機の中には、ウイルスを除去するフィルターを備えている物もあったりします。
空気清浄機の例として、加湿や脱臭、集塵という機能を持っている物があります。このような機能を持っている物なら、「ウイルスの働き」を抑えて除去してくれます。

また、部屋に濡れタオルを干しておくことも効果があります。例えば、3枚くらいのタオルを干しておくと湿度が50%くらいになる、と言われています。これは簡単に出来る方法なので良い、と思います。

インフルエンザだけでなくて通常の風邪についても、部屋を加湿するように心がけましょう。インフルエンザや風邪という病気を予防するために、室内の湿度は大変に重要と言えます。普段から予防のために、加湿器をつけておくと良いです。ただし整備や点検をしていない加湿器では、逆効果になってしまう場合があります。常にフィルターなどを、衛生的に保つようにしてください。

なお、加湿しすぎた場合、部屋にカビなどが発生してしまうかもしれません。なので例えば、除湿機能もある空気清浄機を使ったりすると良いです。

部屋の換気

インフルエンザが流行した場合、換気することも大切です。換気することは、「空気の入れ替え」となります。よって、室内に漂っているウイルスを外に出すことができます。
冬などの寒い季節でも、1時間に1度は換気してください。新しい空気を室内に入れてください。特に外出先から帰ってきた人がいる場合は、室内にウイルスを持ち込んでいる可能性があります。注意してください。

手洗い・うがい

室内の換気と同様に「手洗い」や「うがい」をすることも、ウイルス対策となります。家に帰ってきたら、忘れずに行ないましょう。
「手洗い」は、水で行なっても効果を期待できます。まずは水で手洗いする習慣をつけましょう。
同様に水で「うがいすること」も、効果を期待できます。こちらも習慣にしましょう。
「ウイルス対策専用の石鹸」や「うがい薬」が無くても、病気を予防するために、とにかく水を使って「手洗い」や「うがい」をしてください。

その他にはマスクを着用することや、適度に運動して体力をつけておくこと、バランスの良い食事を取ることも、インフルエンザ対策となります。あと、出来る限り外出を控えて、街中などの「人混み」に行かないようにしてください。特にインフルエンザの流行地域には行かないようにしましょう。

大切と言えるインフルエンザ予防

毎年毎年繰り返して、インフルエンザの流行に関するニュースを聞きます。従来のインフルエンザはもちろんのこと、新型のインフルエンザに対しても予防策を考えておくことは、とても大切です。
インフルエンザが「きっかけ」となり、さらに別の病気を引き起こす危険性があります。別の病気を防ぐためにも、対策しておくことは重要です。

ただしどれだけ気をつけていても、どうしても予防できない場面があるでしょう。インフルエンザに感染したと思ったら、かかりつけの医師と相談して、適切に行動してください。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム