子供のインフルエンザ予防対策

インフルエンザの予防接種

毎年冬になると、インフルエンザの予防接種の話題を聞きます。インフルエンザは感染する病気であるため、自分だけでなくて、家族や職場の人達という「周りの人達」にも迷惑を掛けてしまう病気です。そう考えると、予防接種することが大切と言えます。

ですが個人的には、あんまり予防接種を受ける気にはなれません。本当に予防の効果があるのか?という「疑いの気持ち」があるからです。さらに、注射が嫌いだからです。

予防接種は、その年に流行するだろうと思われるウイルスに対しての予防となります。流行すると予想されたウイルスが全く別の物だった場合、予防接種の効果を「それほど期待できない」ことになるでしょう。

あと余談ですが、私は以前に、注射されたというショックで、まるで貧血みたいに倒れてしまったことがありました。なので可能な限り、注射から逃げたいです。インフルエンザの予防接種からも逃げたいです。

子供さんの予防接種

なお予防接種と言うと、成人に限りません。「赤ちゃん」や「幼児」も、予防接種を受けます。
私は時々、小さな子供さんが予防接種を受けて、大丈夫だろうか?と思ったりします(副作用が出たりしないだろうか?と思ったりします)。ですが病気になった際、症状を軽減できるなら、予防接種を受けておいたほうが良いと思います。

私は医者ではないので聞いた話を言いますが、例えば「おたふく風邪」は、合併症を引き起こしたりする場合があるそうです。髄膜炎や脳炎になったり、難聴になったりするそうです。こんな話を聞くと、おたふく風邪を予防する注射を受けておいたほうが良いと思います。

子供は保育園や幼稚園に行くようになると、そこで集団生活を行なうことになります。日常において集団生活を行なうことが「わかっている」なら、それなりに予防接種をしておくほうが手堅いかもしれません。

ただし基本的には、健康で元気な子供であることが、一番の予防対策と言えるでしょう。「体力があること」や「免疫力の強さ」が、インフルエンザの予防になると思います。

予防接種以外の予防対策

予防接種の注射は嫌だと言っても、インフルエンザに感染することを防ぎたいです。
予防接種以外の予防対策としては、

  • 外出時では、マスクを着用する事
  • 外から帰宅した際には、「手洗い」と「うがい」をしっかりと行なう事
  • 加湿器などで部屋の中の空気を加湿して、湿度を充分に保つ事
  • 食事や睡眠・運動により、抵抗力のある健康的な体にしておく事

以上の事などがあります。出来る事から、予防対策を実施しましょう。

子供用マスク

マスクする男の子インフルエンザ感染の予防対策や花粉症の対策では、マスクを装着します。

とても手軽にできる対策と言えますが、マスクの装着には「息苦しさ」や「違和感」があるとも言えます。
大人なら我慢できますが、小さな子供はマスクを嫌がるかもしれません。実際のところ、マスクは顔の半分を覆ってしまう物です。なので、違和感がある物であり、息苦しい物と言えます。

ですが予防対策として、子供でもマスクを付ける必要があったりします。このような時、子供が少しでも喜びそうなマスクになるように工夫すると良いでしょう。

例えば最近では、キャラクターや可愛らしいイラストが描かれているマスクがあります。また、可愛らしいアイロン・プリントをマスクに貼り付けて、子供が喜ぶマスクにする事もできます。
そのようなマスクなら、子供は喜んで付けてくれると思います。