不眠治療で、最初にかかる医者はどこ?

最初は、かかりつけの内科医

不眠症を始めとする睡眠障害の症状を医療によって治したいと思ったら、病院に行くことになると思います。それでは実際に睡眠障害で困っていて、医者に診てもらいたいけれど、何科で診てもらえばいいのか?わからない。そのような人は多い、と思います。

医師まずは、近所の「かかりつけの医者」で相談してみましょう
風邪を引いた時に利用している内科の病院で大丈夫です。診断結果によっては、睡眠導入剤を処方してもらえると思います。

いきなり大病院の睡眠専門外来などに行く必要はないそうです。だけど、もしも総合病院などの大きな病院に行くことになったら、精神科や精神神経科、心療内科などの専門の診療科で診察してもらうと良いです。

医師に診察してもらった後、薬物による治療が始まることがあります。
代表的な薬は、睡眠を促す睡眠導入剤の服用です。これは、睡眠時の不安を取り除いて「寝付き」を良くする薬のことです。一般的には、睡眠薬と呼ばれている物です。
なお場合によっては、抗不安剤や精神安定剤を睡眠薬として用いる場合もあります。これらの薬については、処方量がきちんと決められています。専門医の指導の下、正しく服用してください。

あと、しっかりと診察してもらえるように、不眠に関する症状をまとめておきましょう。寝付くまでにどのくらいの時間がかかっているのか、不眠の原因に心当たりがあるのかなど、予め自分で確認しておきます。

不眠症ぐらいなら自分で治せるはず。そう思う方もいると思います。しかし、医療の力を借りて治しても良いと思います。相談するだけでもいいと思うので、不眠が気になっている方は「かかりつけの医者」に行ってみましょう。

副作用があった睡眠薬

実は私は、不眠症の治療のために「かかりつけの医師」から処方された睡眠薬を服用したことがあります。

処方された睡眠薬を飲んだ後、その後しばらく(眠る直前の20分間から30分間)の記憶がなくなっていることが、よくありました。
このような副作用がある睡眠薬は、やはり薬局ではなくて専門医が処方すべき薬だと思いました。

不眠の治療薬・睡眠薬

「睡眠に関する悩み」として、「寝付きが悪い」「熟睡できない」「夜中に何度も目が覚めてしまう」などがあります。
こんな事は誰にでもある事、なので放っておけば自然に治るはず。そう思っている方もいるでしょう。ですが、このような睡眠トラブルが何回も続いて慢性化すると、それはやはり不眠症という病気である、と言えます。たかが眠れないだけと思わずに、必要なら医者に行って治療するほうが良いです。

あと、一度も目が覚めず、しっかり眠ったはずなのに、朝起きた時にどうしようもなく眠い、または耐え難い「だるさ」や「倦怠感」がある。そんな人は不眠症の予備軍である可能性があります。その後不眠症になってしまう前に、ぐっすり眠れるように不眠対策をしておく必要があるでしょう。

日本において睡眠障害に悩んでいる人は、5人に1人と言われています。不眠で悩んでいる人の中には、うつ病など他の病気によって不眠が起きている人もいます。睡眠障害は病気であると言えます。よって治療すべきと言えます。

睡眠剤

睡眠薬のイメージ画像

そのような不眠の治療の一つに、睡眠薬を使う方法があります。
睡眠薬については、1970年より以前では、薬を止めることができないという強い副作用があったそうです。薬の効き目も使い続けるうちに、だんだんと落ちて行ったそうです。

そんな昔の評判のためか、今でも「睡眠薬」と聞くと、飲んではいけない薬だと誤解している人が多いそうです。

現在では、睡眠障害の治療で使用されている薬は、新しくて安全な薬です。

なので、しっかりと医師の指導を受けて服用すれば、ほとんど心配する必要はありません。
スッキリと朝目覚めることができる、新しい睡眠薬も開発されています。不眠で困っている人は、医師に相談するといいでしょう。

なお、日本では、睡眠薬を手に入れる場合は、医師の処方箋が必要です。
不眠の症状や原因がわかっているなら、それを医師に伝えましょう。適切な睡眠薬を処方してくれると思います。
相談する医者は、初めは内科の医者で良いです。いきなり大学病院の睡眠外来に行く必要はないです。

睡眠薬・服用の注意点

睡眠薬を服用する際には、いくつかの注意が必要です(詳しくは医師に相談してください)。

お酒

睡眠薬を飲んでいる時は、お酒を飲まないようにしてください。

妊娠中

妊娠している方は、決して睡眠薬を飲んではいけません。

母親が妊娠中に睡眠薬を常用していた場合において、生まれた赤ちゃんが睡眠薬の中毒を持って生まれてきた、という報告例があります。

カフェイン

カフェインが含まれている食品を食べる場合は、注意が必要です。コーヒーや紅茶、緑茶を飲む時、チョコレートなどを食べる時、注意しましょう。その他に、一部の健康飲料や清涼飲料にも、カフェインが含まれていることがあります。

このカフェインには、覚醒作用や利尿作用があります。飲む量や時間に気をつけるようにしましょう。例えば午後3時以降、カフェインを取らないようにしてください。

薬の併用

糖尿病や高血圧などの基礎疾患がある方は、多くの場合で、複数の薬を服用していると思います。なので睡眠薬を服用する際は、特に注意が必要です。
これらの病気で処方されている薬の中には、睡眠薬と一緒に服用すると、睡眠薬の分解を遅らせるなどという作用が出てしまうことがあります。

他に薬を服用している場合は、医師や薬剤師に相談してください。

「寝付き」を良くする行動

不眠が「ひどい場合」は、医師の診断を受けたほうが良いです。しかし軽い不眠の場合は、自分で工夫すると眠れるようになれるかもしれません。

ここでは参考に、眠る前に「寝付き」を良くするための「ちょっとした行動」を、ご紹介したいと思います。予想以上に、スヤスヤと快眠できる「きっかけ」になるかもしれません。ぜひ試してみてください。

一つ目の行動は、入浴に関してです
お風呂の「お湯の温度」は、ぬるめの「お湯」(約40度くらいに)しましょう。
入浴時間は20分から30分間ほどにして、半身浴で入るようにします。
このように入浴すると、リラックスできて快眠に繋がります。

二つ目は、ストレッチ運動です
寝る前に、ちょっとしたストレッチを行ないましょう。軽い運動を行なうと、体の緊張をほぐせます。リラックスできて、質の良い眠りに繋がると言えます。
就寝前にストレッチを行なうことで、血行が良くなって体温が上がります。特に寒くて「なかなか寝付けない」という人は、ぜひ試してみてください。

その他、寝る前に読書をするなど、何か一つ眠る「きっかけ」になる事を習慣付けておきましょう。ぐっすり眠れるようになれると思います。

なお、布団に入って15分ほど経っても眠れないなら、いったん眠るのを諦めてみるのも一つの手です。無理して「眠ろう、眠ろう」としないようにしましょう。いったん布団から出て、ストレッチ運動したりしてみましょう。
すぐに眠れないということを気にし過ぎることが、実は不眠の原因だったりします。あまり神経質にならないほうが、眠れるでしょう。