不眠治療で、最初にかかる医者はどこ?

最初は、かかりつけの内科医

不眠症を始めとする睡眠障害の症状を医療によって治したいと思ったら、病院に行くことになると思います。それでは実際に睡眠障害で困っていて、医者に診てもらいたいけれど、何科で診てもらえばいいのか?わからない。そのような人は多い、と思います。

医師まずは、近所の「かかりつけの医者」で相談してみましょう
風邪を引いた時に利用している内科の病院で大丈夫です。診断結果によっては、睡眠導入剤を処方してもらえると思います。

いきなり大病院の睡眠専門外来などに行く必要はないそうです。だけど、もしも総合病院などの大きな病院に行くことになったら、精神科や精神神経科、心療内科などの専門の診療科で診察してもらうと良いです。

医師に診察してもらった後、薬物による治療が始まることがあります。
代表的な薬は、睡眠を促す睡眠導入剤の服用です。これは、睡眠時の不安を取り除いて「寝付き」を良くする薬のことです。一般的には、睡眠薬と呼ばれている物です。
なお場合によっては、抗不安剤や精神安定剤を睡眠薬として用いる場合もあります。これらの薬については、処方量がきちんと決められています。専門医の指導の下、正しく服用してください。

あと、しっかりと診察してもらえるように、不眠に関する症状をまとめておきましょう。寝付くまでにどのくらいの時間がかかっているのか、不眠の原因に心当たりがあるのかなど、予め自分で確認しておきます。

不眠症ぐらいなら自分で治せるはず。そう思う方もいると思います。しかし、医療の力を借りて治しても良いと思います。相談するだけでもいいと思うので、不眠が気になっている方は「かかりつけの医者」に行ってみましょう。

副作用があった睡眠薬

実は私は、不眠症の治療のために「かかりつけの医師」から処方された睡眠薬を服用したことがあります。

処方された睡眠薬を飲んだ後、その後しばらく(眠る直前の20分間から30分間)の記憶がなくなっていることが、よくありました。
このような副作用がある睡眠薬は、やはり薬局ではなくて専門医が処方すべき薬だと思いました。

「寝付き」を良くする行動

不眠が「ひどい場合」は、医師の診断を受けたほうが良いです。しかし軽い不眠の場合は、自分で工夫すると眠れるようになれるかもしれません。

ここでは参考に、眠る前に「寝付き」を良くするための「ちょっとした行動」を、ご紹介したいと思います。予想以上に、スヤスヤと快眠できる「きっかけ」になるかもしれません。ぜひ試してみてください。

一つ目の行動は、入浴に関してです
お風呂の「お湯の温度」は、ぬるめの「お湯」(約40度くらいに)しましょう。
入浴時間は20分から30分間ほどにして、半身浴で入るようにします。
このように入浴すると、リラックスできて快眠に繋がります。

二つ目は、ストレッチ運動です
寝る前に、ちょっとしたストレッチを行ないましょう。軽い運動を行なうと、体の緊張をほぐせます。リラックスできて、質の良い眠りに繋がると言えます。
就寝前にストレッチを行なうことで、血行が良くなって体温が上がります。特に寒くて「なかなか寝付けない」という人は、ぜひ試してみてください。

その他、寝る前に読書をするなど、何か一つ眠る「きっかけ」になる事を習慣付けておきましょう。ぐっすり眠れるようになれると思います。

なお、布団に入って15分ほど経っても眠れないなら、いったん眠るのを諦めてみるのも一つの手です。無理して「眠ろう、眠ろう」としないようにしましょう。いったん布団から出て、ストレッチ運動したりしてみましょう。
すぐに眠れないということを気にし過ぎることが、実は不眠の原因だったりします。あまり神経質にならないほうが、眠れるでしょう。

健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム