エステのサウナの代わりにしたい、自宅の「お風呂」

エステで人気のサウナ

気持ち良くサウナに入っている男性エステサロンのサービスでは「垢すり」や「マッサージ」、「よもぎ蒸し・カッピング・サウナ・イベント風呂」などが、よく知られています。

それらの中でも、特にサウナは多くの人たちから利用されているようです。例えばビジネスマンを始めとする社会人の間では、社交の場として活用されている事例をよく聞きます。

なお、一般的なエステサロンでは、「垢すり」と「サウナ」を組み合わせたコースが多いようです。
「エステサロンの垢すり」は、エステのメニューの中でも人気があります。「垢すり」は古い角質をすり落として、体全体の血行を促進して新陳代謝を高めます。美容や老化防止などに効果を期待できます。

ちなみに昔の日本では、「垢すり」や「サウナ」と言えば、ほとんどが温泉施設などの付属サービスでした。しかし最近では本格派のエステサロンで、「垢すり」や「サウナ」のサービスを見かけるようになりました。

自宅でできるサウナ・お風呂

時々テレビの温泉紹介番組を見ると、温泉とともに、汗を「たっぷりかくサウナ」も紹介されたりします。そんな場面を見ると、サウナに行って気持ちのいい汗をかきたい、なんて思ったりします。
実際のところサウナには、汗と一緒に老廃物を排出する効果やストレス解消の効果があるそうです。

サウナと言えば、施設が提供するサービスというイメージがあります。ですが自宅でも、それに近いことを行なえると言えます。例えば、風呂に入ることです。

入浴することは、運動することと同じような効果を期待できます。入浴時、熱によって大量に汗をかきます。体を洗う動作は軽い運動をしている、と言えます。

そして浴室内にいることは、まるでサウナに入っているような状態と言えます。

実は入浴しているだけで、結構なエネルギーを消費していることになります。実際に入浴後に、少し「疲れ」を感じることがあると思います。
入浴することはダイエットの効果も期待できる、なんて言われたりしています。その効果は、それほど大きなものではありません。だけどずっと続けていけば、それなりの効果を得られるようです。

そして就寝前の入浴は、良質な睡眠を得るのに役立ちます。入浴によって体が温まり、軽い疲労を感じるからです。

エステや温泉施設のサウナに「なかなか行けない方」は、自宅の「お風呂」を楽しみましょう。心地良く汗をかける、と思います。