保険を適用できる場合もある、ワキガの治療

強いニオイのワキガ

腋臭症(わきがしょう)つまりワキガとは、汗が原因で強いニオイを発する症状です。

その汗は、皮膚のアポクリン腺から分泌される物です。その汗が皮膚上で、皮脂腺から分泌された脂肪分やエクリン腺から分泌された汗と、混ざります。その後、皮膚に常在する細菌によって分解されます。そしてワキガを発する物質が、生成されます。
なお、アポクリン腺の分泌物自体は、無臭です。

世界でも稀な「清潔好き」の日本社会において、汗のニオイ・ワキガは、まさに敵扱いされます。
日本において、ワキガが敵扱いされるのには、次のような事情があります。
大半がモンゴロイド人種から構成される日本社会では、腋臭形質を持つ人が少数派である、という事情です。

一方、コーカソイド人種の一角を構成する白人や、大多数がネグロイド人種である黒人では、腋臭形質を持つ人のほうが、持たない人よりも多いです。なので、日本の場合なら腋臭症として嫌がられる人や、そう自認して憂鬱な気分に陥ってしまう人が、それを気にしていません。
それどころか、かえってワキガは、異性に対して魅力的とさえ感じられることもあると言います。つまり、フェロモンとして機能したりします。

強い不安感の原因

不安

不安のイメージ画像

ワキガが、どのくらい他の人に不快感を与えるものであるか、については、その個人が属する集団によって差が見られるそうです。

例えばワキガのニオイを嫌う人が多い集団では、ワキガを持つ多くの患者さんが、それを過度に気にする精神状態に追い込まれます。そのツラい精神状態のために、「うつ病になってしまう恐れ」もあったりします。

また、実際にはワキガでないのに、勝手にワキガであると自己判断してしまい、自己臭恐怖症になっている人も多く見られます。

このようにワキガで悩んでしまうと、ワキガは治さなくてはならない事と思い込み、その人は美容整形に助けを求める事になります。

ワキガの治療方法

ワキガの治療は、保存療法と手術療法に大きく分かれます。

保存療法

保存療法には、次のものがあります。

  1. 制汗剤
  2. 腋毛の処理
  3. ボトックス注射

3番のボトックス注射とは、A型ボツリヌス毒素製剤を注入することによって、アセルコリンを抑制する方法です。アセルコリンとは、汗の分泌を促進させる神経伝達物質です。この物質を抑制します。

選択肢の一つ・ワキの脱毛

わき脱毛した女性男女の関係なく、ワキを脱毛したいという希望が多いそうです。
その理由の一つに、ワキガの原因をなくすためという理由があるそうです。脱毛によってワキ毛を取り去ることで、細菌の繁殖を最小限に抑え込み、ワキガの原因をなくすということです。

ワキに汚れがつく・つかないの差によって、ニオイに差が出てくるそうです。なのでワキガで「お悩みの方」は、この機会に考えてみるのも良いと思います。ワキを脱毛することで、「ワキガの悩み」をある程度解消できると思います。

ただし、ワキガ治療と脱毛には「大きな違い」があります。ワキガが気になる方にとっては、やはり治療するほうが良いと思います。日本では、ワキガのニオイを確実に抑えるほうが心配事が少ないからです。皮膚科の専門医とよく相談してください。

手術療法

手術療法には、次のものがあります。

  1. 剪除(せんじょ)法
  2. 吸引法
  3. 皮下組織削除法
  4. 切除法

最も一般的に行なわれているのが、1番の剪除法です。
腋の皮膚のシワにあわせて、3センチから4センチほどの切開を1本から2本入れて、アポクリン腺を切り取っていく方法です。

2番の吸引法は、腋の上部を切開して、脂肪吸引で用いる器具を挿入して、アポクリン腺を吸い出す方法です。

3番の皮下組織削除法も、腋を切開して、器具を挿入してアポクリン腺を取り除きます。

4番の切除法は、腋毛が生えている皮膚を切り取ってしまう方法です。
この方法は、運動障害の後遺症が残る可能性があります。

参考:健康保険の適用について

日本の美容整形術では、ワキガの治療は健康保険を適応できます。
このような健康保険の適用は、美容整形の分野では珍しいことです。しかし実際のところ、民間病院では自由診療扱いで治療する場合が多いのが、実情のようです。
美容整形を行なう機関でワキガの治療を受ける場合は、健康保険の適用ができるかどうか、ぜひ確認しましょう。
なお、保険適用とニオイの強弱、腋毛の範囲は、一切関係ありません。

ワキガを消し去る美容整形の手術

日本と西洋諸国のワキガに対する「意識の違い」は、その対処法にも反映されます。

日本の美容整形では、脱毛処理によって「わきが臭」を軽減させる方法が、よく行なわれます。脱毛によって、汗などの皮膚分泌物が腋に多量に保存されるのを防いで、汗の分解量を軽減して「わきが臭」を軽減させる、という方法です。

また、手術によって、アポクリン腺を切り取ってしまう方法も一般的です。

どちらの方法にしても、日本社会における「ワキガへの扱い」は過酷です。

「ワキガそのもの」を消し去ってしまおう、という考え方です。

ちなみに西洋諸国では、香水文化が発達しています。よってワキガも含め、体臭を「より効果的に演出しよう」とする発想があります。

美容整形
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム