「インテリア家具選び」で大切な事・統一感

インテリア家具を選ぶ際、大事な点は「統一感があること」だと思います。
まずは、どのような部屋にしたいのか?というコンセプトを、しっかりと決めると良いです。
例えば、色のトーンや素材について、統一感を出すと良いです。自分が決めた統一感を基準にして家具を選ぶと、自然と「まとまった感じになる」と思います。

たくさんの家具で決める・部屋の統一感

統一感ある部屋なお、統一感は、様々な家具を置くことで出すことができます。一つの家具だけでは、部屋全体の雰囲気を決めることはできません。

次のような様々な家具、
ダイニングルームのテーブルやイス、
リビングルームのソファ、
タンスや書棚、キャビネットやクローゼットなどの収納家具、
ベッドなど、
それらの家具を置くことで、部屋全体の雰囲気や印象が決まることになります。

例えば家具のショールームに行くと、たくさんの家具が並んでいます。通販の商品写真でも、複数の家具が揃っている写真があったりします。
メインのインテリア家具に対しても、それ単品ではなくて、統一感がある複数のインテリア製品と一緒に置いてあったりします。単品の家具ではなくて、様々な家具を置くことで、部屋全体の雰囲気を演出できます。

家具を買い足す際の確認点

以下に、新しい家具を追加で買う場合の確認点を、ご紹介します。

  • 部屋全体の色や雰囲気との統一感を、大切にすること。
  • いま持っている家具の傾向を、しっかりと理解すること。
  • 今回買う家具の配置を決めること。
  • 今回買う家具の用途を決めること。

このような点を抑えると、部屋に対して程良く統一感を出せます。うまくコーディネートできるでしょう。

なお、大型の家具を購入する際、思わぬ失敗をする可能性があります。販売店の店員さんと相談できるなら、しっかりと相談して家具を選んでください。心配な方は、プロのインテリアコーディネーターなどに相談してみると、いいかもしれません。