知りたい情報がすぐに見つかる、ネット検索

グーグル検索

グーグル検索検索サイトのグーグルについて、ご紹介したいと思います。
グーグル(Google)は、アメリカにあるソフトウエア会社です。主に、インターネットの検索エンジンを運営しています。

グーグルの検索機能は、日々改善されています。
例えば2009年10月に、グーグルはインターネットの検索機能をさらに充実させました。「Search Options」という検索結果を絞り込む機能です。

期間別に絞り込む機能(過去24時間・過去1週間・1年前・任意の期間を、指定できる機能)や、自分が過去に訪問したことの有無で絞り込む機能が、登場しました。
その他にもショッピングサイトの場合、価格表示などができるようになりました。

グーグルは、人類が必要とする情報全てを集めて整理するという壮大な目的で設立されました。
情報収集では、独自に開発したプログラムによって、ウェブ上を巡回して情報の収集を行なっています。
検索結果の表示順については、他のサイトからのリンク状況など、多数の要因を総合的に判断して、重要なページを上位に表示しているようです。

世界一人気の検索エンジン

2002年に、世界一人気がある検索エンジンとなりました。しかし日本の市場では、ヤフーが1位です。グーグルは2位となっています(2009年当時)。
追記:2016年当時では、スマートフォン端末からの検索が増えているので、日本でもグーグルのほうが使われている気がします。

世界のインターネット検索市場で、グーグルは世界一位と言えます。今後、さらに多くの顧客を取り込むでしょう。

ヤフー検索サイト

検索サイトの一つであるヤフー(日本法人)について、ご紹介したいと思います。

人気検索サイトの「Yahoo! JAPAN」を、運営しています。サービスの種類や質の向上に努めており、その結果、利用者を着実に増やしてきました。それに伴い、利用時間も増えているようです。
圧倒的なアクセス数を持っているインターネットのナンバーワン・カンパニーと言えるでしょう。

企業の目標は、
「ユーザーが安心して利用できるインターネット社会を作ること」
「フェアプレーの精神で行動して、企業として社会的責任を果たすこと」
これらを目標としているそうです。

確かにインターネット社会では、個人情報の管理が重要と言えます。インターネット関連の企業に対しては、セキュリティ面の管理やユーザーの安全確保を、引き続き実施してほしいと思います。

ヤフー株式会社

社名は、「ヤフー株式会社(Yahoo Japan Corporation)」です。
主な事業は、インターネットでの広告事業やイーコマース事業、ヤフーの会員サービス事業などです。これらを中心に行なっています。1996年に、会社が設立されました。

1997年11月には店頭市場に登録されて、2003年10月に、東京証券取引市場の一部上場を果たしました。
2007年2月には、ジャスダック証券に重複上場しました。

マイクロソフトのビング検索

マイクロソフトのネット検索「Bing(ビング)」について、お話したいと思います。
「Bing」は、2009年6月から「Bing(TM)」が利用開始となりました。次世代型の検索サービスとして、開始されました。

今までの検索サービスの「いい部分」を残しながら、ユーザーが「より良い選択」をできることを目指しています。直感的なツールを利用できて、今までとは違ったアプローチを行えるでしょう。
ユーザーがインターネット上で商品を購入したり、インターネットサイトから旅行の予約を行なったりする際、サポートしてくれるでしょう。
そして会社や店舗の情報を見つけたり、健康の情報を見つけたりする場合も、助けになるツールと言えます。

ユーザーの意思決定に一番の重点を置いたサービスとなっています。ユーザーが適切な情報の元で、より早く意思を決定できる検索サービスです。

個人的に使ってみた感想ですが、例えば商品名で検索した際(例「マイクロソフト エクセル」で検索した際)、形式的な商品情報よりも「知識やノウハウの文章」が検索結果に表示されていた様な気がしました(2017年当時)。

最安値の検索サイト

様々な商品において、価格競争が行なわれています。

例えば家電のパソコンは、昔に比べて値段がかなり安くなっています。多くの人が実感していると思います。そして安いノートパソコンでも、インターネットの閲覧やチャット、メールを送るくらいなら、十分に使える性能となっています。
薄型テレビについても、低コストの物が登場しています。

価格.com

ネット検索サービスの一つとして、値段を比較するのに便利なサイトも出てきました。
その一つに、価格.comサイトがあります。最安値で販売している通販サイトを、とても簡単に見つけられます。

一括見積もり

また、価格.comでは、自動車保険の料金も比較できます。
自分に合う自動車保険を選ぶ際、なるべく多くの自動車保険会社から見積もりを取って、比較して検討することになるでしょう。しかし一つ一つ見積もりを申し込むことは、大変な作業です。

現在ではインターネットが普及したので、それぞれの保険会社のウェブサイトから見積もりできます。しかし価格.comのようなサイトで「自動車保険の一括見積もり」を行なうほうが、便利と言えます。

日常生活
この記事をシェアする

【広告】Google 」の関連商品

• Amazon.co.jp

• 楽天市場

Google Chromecast チャコール

Google Chromecast チャコール

価格:4,978 円[税込](2019年5月21日 08:24時点)
送料込

販売店:楽天ブックス

【楽天ブックスならいつでも送料無料】Chromecast 購入で「Rakuten TV 動画500円OFFクーポン× 2枚」プレゼント中!
Google Android 5.0 以降 iOS 9.1 以上 Mac OS X 10.9 以降(Chromeブラウザ搭載) Windows 7……

Google Home(グーグル ホーム)

Google Home(グーグル ホーム)

価格:11,340 円[税込](2019年5月21日 08:24時点)
送料込

販売店:楽天ブックス

【楽天ブックスならいつでも送料無料】
Googleスマートスピーカー IOT Alexa アレクサ Echo エコー Chromecast クロームキャスト ラジオ グーグル ホーム スマートスピーカー GA3A00538A16 JAN:0842776102263 ……

グッズ・メモランダム