コンピューターを繋ぐ「インターネットの技術」

住所のような番号・IPアドレス

インターネット世の中の市や町に住所があるように、インターネット上においても住所のような番号があります。ネットに繋がっているパソコンなどは、IPアドレスという番号を持っています。このIPアドレスを利用して、それぞれのパソコン同士が通信を行なっています。

基本的に、ネットに繋がっているパソコン同士では同じIPアドレスは存在しない、と言えます。もしも同じIPアドレスが存在した場合、パソコン同士の通信が正常にできないと言って良いです。

インターネットの技術に関心がある方は、例えば「TCP/IPの仕組み」などを調べてみましょう。「このような仕組み」を理解すれば、快適で便利なネット環境(イントラネットなど)を構築できる、と思います。そして、そのようなネット環境をうまく活用できれば、世の中にある様々なサービスをネット経由で利用できる、と思います。

ちなみにTCP/IPの表記について言うと、8ビット×4ブロックを10進数で表します。具体的な例では「192.168.100.1」などという様な表記になります。なお数値については、それぞれのネットワーク環境で違います。

枯渇したIPv4アドレス

ところで、ご存知の方も多いと思いますが、IPv4アドレスについては在庫が枯渇しました。在庫が無くなったので、IPアドレスの割り振り申請ができなくなったようです。
ふと自宅を見渡すと、パソコンやAndroidタブレット端末、無線LANルーターなど、IPアドレスを利用している機器が複数台あります。私個人に限ってみても2個以上のIPアドレスを所有しています。
※グローバルIPアドレスではありません。プライベートIPアドレスを2個以上、使っている事になります。例:「192.168.1.1」や「192.168.1.2」など。

世界中には、たくさんのコンピューター機器があります。そう考えると、IPv4アドレスの在庫が無くなってしまうのも納得できます。