英語の学習に活用できるインターネット

フレーズ検索

グーグル検索グーグルの検索機能は、英語の学習に活用できます。単語の検索だけでなくて、英文の文法が正しいかどうか知りたい場合も活用できます。

例えば英文に前置詞を入れる場合、どの前置詞を入れたら正しいのか?よくわからないことがあります。そんな時は、グーグルのフレーズ検索を使って、正しいかどうかを確認してみましょう。
フレーズ検索とは、文章そのものを検索する機能です。確かめたい英文を””(ダブルクォーテーション)で囲んで入力して、検索します。
例:”the season in the sun”。この文そのものを検索できます。

もしも前置詞の使い方が間違っている場合は、検索結果が0件だと思います。または、とても少ない件数だと思います。
前置詞の使い方が正しい英文の場合、とてもたくさんの検索結果が出てくると思います。多数の英文で見つかるということは、自分が入力した英文のフレーズは正しい(一般的な書き方の英文である)と判断して良いでしょう。

英語を学べるサイト

インターネットが普及した現在、ウェブブラウザを使って英語学習できるサイトが多数登場しています。
英語の学習を続けさせる工夫もされており、例えばSNS機能を使って英文日記を書けるものもあるそうです。そして、もしも自分が書いた英文にスペルミスなどがあった場合、他のユーザーが教えてくれたりします。自分が書いた英文に対して、何か反応があると嬉しいかもしれません。学習時の孤独感を軽減させる工夫だと思いました。

英語学習サイトのiKnow!

英語学習サイトのiKnow!は、無料トライアルも用意されている英語を学べるサイトです。英会話を学びたい人は、このサイトに登録してみましょう(2008年当時)。
学びたいコースを選べば、すぐに学習を始めることができます(学習というよりは、ゲームをするような感覚で学べると思います)。

iKnow!ではいくつかのチャンネルがあり、その中から自分が興味あるものを選びます。
例えば「ゼロから基礎英語」や「トーイックチャンネル」「大学受験英語チャンネル」などがあります。チャンネルについては何種類も選択して、同時に行なうことも可能です。

iKnow!では、覚えやすいように工夫がされています。
例えば覚えにくい単語は、完全に覚えられるまで繰り返し出題されます。それぞれの単語については音声で発音されるので、正しい発音も確認できます。
英会話を上達させたい人にとって、役立つサイトだと思います。

翻訳サイト

インターネット上には、世界中の人々が作成したサイトがあります。それらのサイトでは、それぞれの国の言葉が使われています。

日本人であれば、普段は日本語で書かれたサイトを見ることが多いと思います。ですが時には、英語で書かれているサイトを見ることもあるでしょう。例えば海外の論文の参考資料を探している時、洋画の感想を探している時などです。
今では、翻訳サービスを提供しているサイトがあったりします。そういうサービスを利用すれば、より手軽に翻訳できます。

このような翻訳サイトでは、英語を始め、数か国の翻訳ができたりします。これを利用すれば、英語などの外国語で書かれている文を日本語に訳せます。
その逆に、日本語を英語などに訳することもできます。海外向けのウェブページを作成する時などで、参考になるでしょう。
ただし訳された文章において、単語の意味や文法が間違っていることもあるようです。100%完璧な文に訳されているとは言えません。その点に注意して、そういうサービスを利用しましょう。

ブラウザの辞書機能

ブラウザのプラグイン機能の中には、「辞書」や「翻訳」の機能を持っている物があります。ブラウザのツールバー機能として、辞書の機能を利用できたりします。
普段からインターネットを使って英文などの外国語サイトを見ている人にとって、ツールバーの辞書や翻訳機能は便利です。

似たような辞書の機能で、ウェブページや入力した文章において、文中の単語にマウスカーソルを合わせると単語の訳を表示する、という機能を提供しているサイトもあります。ネット上で提供されている辞書機能を活用すると、サイトの閲覧中に辞書を引く手間を省けるでしょう。

英文校正サービス

あなたは外国の方に英語の文章をメールした事がありますか?
私は5,6回と数える程度ですが、そんな経験があります。
ちょっと昔になりますが、趣味でパソコン用のアプリを作っていた事がありました。そのアプリをWEB上で公開していたところ、なんと外国の方から英文の質問メールをいただきました。
メールをいただいたのは嬉しかったのですが、英語が苦手で困りました。その後英語の辞書やネットの検索サービスなどを使って、何とか英文を作成して、メールの返事を書きました。

私が作文した拙い英文でも何とか意味が伝わったらしく、大きなトラブルもなくメールの「やり取り」は終了となりました。
今回は趣味レベルだったので良かったですが、英文メールの「やり取り」がビジネス上だったらと考えたら、背筋がぞっとします。英文で誤解されるような事を書いたら、仕事上のトラブルが起きるかもしれないからです。

しっかりした英文を作成したい場合、近年では英文校正サービスを利用できたりします。仕事においてネイティブにしっかり意味の伝わる英文を書く必要がある、そんな時にこのような校正サービスは便利です。

このようなサービスでは、英文校正を依頼する「お客様」と、世界中の英語専門家やネイティブたちとをマッチングします。オンラインシステムによるリアルタイムなマッチングになっていたりして、24時間利用可能な英文校正サービスだったりします。
英語の専門家やネイティブに英文の校正を依頼する事より、英語圏の文化や習慣を考慮した、しっかりと意味の伝わる英文を教えてくれます。業務上の利用に問題のない、高品質な英文が手に入るサービスと言えます。

仕事上の英文メールや英文の書類では、作文した英文が記録として残ります。もしも英文作成でとんでもないミスをしたら、言い逃れできないでしょう。仕事の失敗を防ぐためにも、専門家に英文を作成してもらうことを検討しましょう。

楽しく学びたいです

英語については、昔、学校で習ったのですがさっぱり話せません。そして英語の授業には、楽しいこともあんまりなかったです。授業中は、緊張していることが多かったです。
英語の先生から生徒への一方通行の英語学習よりも、英文の日記や英語のゲームなどを通して学ぶほうが楽しいと思いました。そんな風に英語を学べたら、とても「いいな」と思います。

英語
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム