通訳の仕事の一つ、通訳案内業

通訳の仕事

通訳の仕事と言えば、「外国人とのビジネスの打ち合わせ」や「国際的な会議でのインタビュー」「通訳ガイド」などがあります。これらが、主な活躍の場となります。
二ヶ国語を同時に処理する仕事なので、集中力が必要な仕事と言えます。

仕事の求人については、通訳派遣会社に登録すれば、そこから仕事の依頼を受けることになります。もしも海外の経験があれば、より優先的に仕事をもらえると思います。
なお通訳は、リハーサルなどはなくて、常に本番の仕事です。そのため報酬が多い、と言われています。

通訳案内業

海外留学の経験がある人や、外語大学を卒業したという人なら、自分の語学力を活かして就職したいと思っているでしょう。語学力を活用する仕事は、様々あります。

外国人女性と話す通訳ガイドその中の一つに、通訳案内業(通訳ガイド)という仕事があります。通訳案内業の仕事内容は、日本を訪れた外国人の旅行者を外国語で案内します。旅行を楽しんでもらえるように、お手伝いします。
なお、景気や円高などの影響を受けやすい仕事と言えます。なので旅行ツアーが減少すれば、仕事の件数も少なくなるでしょう。よって、翻訳や通訳の仕事を掛け持ちしながら働いている人もいるようです。

通訳案内業に関する資格では、通訳案内士という国家資格があります。
通訳案内士の試験は1次、2次の試験があります。語学力だけでなくて、日本の地理や歴史、政治、経済、産業や文化に関することから、出題されます。一般知識ですが、とても広い範囲から出題されます。
※通訳案内士の試験内容については、最新の情報をご確認ください。

資格を取得したら、次は就職です。多くの人は、日本観光通訳協会や人材派遣会社に登録して、依頼を受けて仕事をすることになります。

もしも現在、別の仕事をしながら通訳案内業の資格取得を目指している人は、今の仕事を続けながら受験するほうが手堅いかもしれません。現在の仕事で社会経験や人生経験を積んでから、通訳案内業の仕事へ転職しても良いと思います。

ビジネス
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム