リスクもあるが注目を集めている投資先・ベトナム

ベトナム株のリスク

ベトナムベトナム株は、注目を集めている外国株の一つです。しかしその一方で、リスクがある事も指摘されています。

まず、為替変動のリスクがあります。これは、外国株であることに対するリスクです。
為替レートや、外国政府による潜在的な介入などにより、上下動します。

極論ですが、世界の通貨レートはアメリカが実質的に決めている、という指摘があります。ベトナムの経済状況よりも、アメリカの政治経済によって株価が変動する可能性があります。

カントリーリスクもあります。ベトナム経済は大きな発展を遂げていますが、まだ不安定と言えます(2008年当時)。
法制度や規制の整備についても、未完成であり、いきなり暴落してしまう可能性もあります。

ハイリスク・ハイリターンな株取引

ベトナム株に限らず、一般的に株取引は、金融商品の中でもハイリスク・ハイリターンの商品であると言われています。株で億万長者になった人もいれば、大損して資産がなくなってしまった人もいます。
株の取引を行なう際、リスクを意識しておく必要があります。

ベトナム投資信託

ここで、外国の投資信託であるベトナム投資信託について、ご紹介します。参考にしていただけたらと思います。

ベトナムの経済成長や将来性に目をつけた投資家達により、ベトナム投資信託の人気が高まっているそうです(2007年当時)。
特に投資信託の初心者にとっては、ベトナム投資信託は、ベトナム株を直接購入するよりも手軽に始められます。なので、魅力的かもしれません。

しかし投資信託の初心者が、いきなりベトナム投資信託を始めるのは危険です。充分な理解とリスクを知っておく必要があります。

リスクの例としては、ベトナム投資信託を運営している会社についての情報不足があります。
まだまだ発展途上のベトナムは、市場規模も小さくて、完成された投資システムもないということです。
「情報量の少なさ」は、大きなリスクをもたらすことを理解した上で、投資信託を行なう必要があります。



タイトルとURLをコピーしました