使いやすいタブレット端末「iPad」

有名なタブレット端末

iPad家庭向けに作られたタブレット型コンピューターで有名な物と言えば、Apple社のiPad(アイパッド)があります。タッチディスプレイ式のタブレット型端末です。その本体は板状に作られていて、その前面はほぼ全てが液晶画面となっています。iPhoneiPod Touchを、より大きくした物と言えます。
より大きくした物なので、iPadではiPhoneやiPod Touchと比べて電子書籍や動画を閲覧しやすいです。液晶画面が大きいので、その分だけ見やすくなっていると言えます。
大きくした物と言っていますが、持ち運びできる物と言って良いでしょう。「薄さ」は13.4mmで、「重さ」は680gほどです。※iPad(第1世代)の場合。
電池の持ち時間については、連続稼働で10時間くらい利用できるとされています。

すでに色んなアプリケーションが登場しています。なので、今後ますます利用される事が期待されています。例えば、iPad用のビジネスソフトはとても安いと思いました。例を言うと、iPad用のワープロやプレゼンのソフトが850円でした(2012年当時)。もちろんパソコン用のビジネスソフトとは、「機能の違い」があると思います。だけど、それでも安いと思いました。

あと、iPadでウェブサイトを閲覧する際、基本的に無線LAN環境が必要になります。もしも外でインターネットを利用したいなら、モバイル対応の無線LANサービスを利用する事になるでしょう。
iPadは、インターネット無しでも使えます。だけど、ネットを使えるほうが活用できます。ぜひネット環境を用意しましょう。

美しいグラフィック

グラフィックスが美しいゲームを遊ぶなら、iPad端末が使えると思います。例えばiPad 2では、最大9倍にもなる超高速グラフィックスとなりました。より秀麗な画像でゲームを遊べる、と思います。

この「グラフィックの良さ」は、映像関係のアプリでも活用できます。例えばiMovieでビデオの編集を行なう場合、フォトライブラリで写真をササッとスクロールさせる場合など、快適に映像を描画します。見ていて気分が良いでしょう。

さらに「グラフィックの良さ」は、アプリケーションを切り替えて使うマルチタスキング処理にも活用されます。次々とアプリケーションを切り替える際、以前のiPadよりも素早く切り替える事が出来ます。
今後登場するiPadにおいても、グラフィック機能はますます進歩してゆくでしょう。映像の表示端末としても、iPadに注目してください。

パソコンを使ってiPadのバックアップ

パソコンは難しそうなので使いこなすのは無理だと思ったけれど、iPadなら使ってみたい。「もしかしたら、私でも使いこなせるかも?」。そう思っている方もいるでしょう。
iPadの基本的な使い方は、iPhoneやiPod touchと同じと言えます。なので、そんなに心配する必要はないと思います。

ただし、少し気をつけたい点があります。iPadを充分に活用したいなら、パソコンが必要という点です。パソコンソフトのiTunesというソフトを使って、iPadのデータを管理する事になるからです。つまり、iTunesというソフトを使う際、パソコンを使う必要があります。※macOS Mojave以前、またはWindowsパソコンを使う場合。

MacやWindowsが搭載されているパソコンとiPadを繋げる事で、お互いの情報を同期できます。これは、iPadのバックアップをしている事になります。なので万が一、iPadのデータが消えても大丈夫です。

実際には、iTunesライブラリで同期される事になります。iPad上でダウンロードしたアプリやコンテンツが、パソコン上のiTunesライブラリに反映されます。そして同じように、iTunesライブラリでダウンロードしたコンテンツについても、iPad側に反映されます。
また、クラウドサービスを利用すると、iTunesライブラリと同じようにパソコンとiPad間でデータを同期できます。
現在では、一人のユーザーが複数台のコンピューター端末を持っています。なので、手軽にデータを同期する方法が必要とされています。

自宅で活用できるiPad

iPadは、外に持ち出して使うほうが良い。そう思っている方がいるかもしれません。ですが自宅の部屋でも、iPadが活躍する場面は多いです。
例えばリビングのソファーに座って、ゆったりと写真や動画をiPadで見て楽しむ、という使い方があります。iTunesでは、映画をレンタルしたり購入できたりします。また、電子書籍を読む際も、大きな画面のiPadは便利です。

iPadのセールスポイントの一つとして、外出先でのメリットが強調されている事が多いです。しかし室内で使うデジタルグッズとしても、有益な機器と言えます。様々なアプリを利用できるので、自宅の生活をより一層快適にしてくれる物と言えます。

パソコンのサブディスプレイ

パソコンのディスプレイ環境を改善する方法の一つに、デュアルディスプレイ環境を用意するという方法があります。そしてタブレット端末のiPadを、パソコンの2台目のディスプレイとして使う方法があります。例えば、デュアルディスプレイを実現するアプリを使う方法があります。

サブディスプレイを活用できる場面としては、表計算ソフトのエクセルで横長の表を取り扱う場合があります。サブディスプレイがあれば、エクセルの横長の表を一覧しやすくなります。

たくさんあるアプリ

欲しいと思ったアプリをiPadにインストールするには、パソコンのiTunesを利用する方法とiPadのApp Storeというアプリを利用する方法があります。
アプリには、無料の物と有料の物があります。有料と聞くと高いかも?と思う人がいるかもしれません。実際には、数百円くらいのアプリが多いです。購入しやすい金額のアプリが多いので、そんなに不安になる必要はないでしょう。

iPad用のアプリは、実にたくさんあります。どれを手に入れようか迷ったら、実用的なアプリを選んでみましょう。
例えば、iPad用のカーナビアプリが発売されています。iPadの画面は大きいので、カーナビとして使うメリットは大きいと思います。iPadを車に固定するグッズもあります。ぜひカーナビとして使ってみましょう。

電子書籍のアプリ

iPadは、電子書籍を読むのに最適なデバイスです。そんなiPadでは、本を読んでいて、その続きをiPhoneやiPod touchで読む。こんな風に複数のデバイスで同じ本を読み続ける事が、可能となっています。
iPadのiBooksでは、簡単に本を持ち運べて、すぐに読む事ができます。
iPadのiBookstoreからは、多くの本を選べます。書籍名や著者、ジャンルを指定して、本の検索ができます。気に入った本をダウンロードすると、本棚に追加されます。これで、その本を読み始められるようになります。

特にiPadでは、横向きに持つと見開きで2ページが表示されます。かなり紙の本を読む場合に近い感覚で読める、と思います。LEDバックライトディスプレイで本のページを表示しているので、薄暗い部屋でも読めるでしょう。読書灯は不要と言えます。

iPad用の電子書籍を簡単に作れるソフトもあったりします。このような電子書籍作成ソフトを使えば、電子書籍の作成にあんまり詳しくない人でも作れそうだと思いました。
手軽なので個人的な電子書籍、例えば自分向けや家族用の電子書籍を作れると思いました。たぶん、家族写真のアルバムみたいな電子書籍を作るのも可能でしょう。そんな思い出が詰まっている家族の電子書籍を作ったら、きっと喜んでもらえると思います。

ニュースのアプリ

持ち運びできるデバイス機器の実力を発揮できる場面の一つに、外出先でニュース記事を読める事が挙げられます。特にiPadのような画面が大きい機器なら、ニュース記事を快適に読めると思います。
App Storeから、ニュース記事に関するアプリを手に入れましょう。そうすれば、最新の話題を外出先で知る事ができます。通勤電車の中で新聞や雑誌を広げるのは、もう昔の風景と言えるでしょう。

新聞やニュース関連のアプリには、経済新聞を読めるアプリを始め、国際ニュースや芸能・スポーツニュースを読める物まで揃っています。ニュース記事を一時的にアプリ内に保存する機能を持っているそうなので、通信が不安定な場所でも記事を読めます。
「最新の情報が手に入る便利さ」を、ぜひ体験してください。

ビデオ編集アプリ

自分で撮影した映像から映画みたいな動画を作ってみたい、そう思った事がありませんか? 
そんな時、例えばiMovieというビデオ編集アプリを活用すれば、簡単に映画のような動画を制作できます。

まずは撮影した映像を、iMovieにて表示します。自分が望む演出のテーマを選べば、そのテーマに合う演出になります。それぞれのテーマには、豊富なテキストやグラフィックなどが用意されています。それらを選択して映像に付け足してゆけば、魅力的な映像になってゆきます。

音楽については、サウンドトラックやミュージックライブラリの中から選べます。トリミングについては、ドラッグ操作で行なえます。

以上のようにiMovieを活用して映像や音楽を編集してゆけば、自分が撮った映像がどんどん映画に近づいてゆくでしょう。

リビングのテレビに表示

いつもは一人で見ている映像を、家族や仲間と共に見たい。そんな時は、AirPlayを使ってみましょう。例えばiPadに入っている映像を、大画面のハイビジョンテレビで見る事が可能となります。
映像だけでなくて、写真も同じように大画面のテレビスクリーンに表示できます。家族みんなで行った旅行の思い出写真を、リビングのテレビに表示することも可能になります(AppleTVを利用時)。

自分の写真が大画面に表示されると、ちょっと恥ずかしいかもしれません。ですが大きなテレビ画面で思い出のシーンを見るのも、楽しい事でしょう。

iPadのデメリット

ここでは敢えて、iPadのデメリットと言われている点をお話したいと思います。
まずは、人が多くて混雑している場所では、やはり使いづらいという点です。例えば、混雑した電車の中です。片手で持てるスマートフォンなら、混雑気味の車内でも問題なく使えるでしょう。ですがiPadの場合、結構大きい端末なので使いづらいと思います。

一般的なノートブックパソコンとiPadを比べた場合、いくつかの機能面で制限があります。
例えば印刷機能です。iPadから直接プリンタに繋いで印刷する事は基本的にできない、と言えます(2010年時点)。※AirPrint対応のプリンターなら、印刷できます。
もしもiPad内のデータを用紙に印刷したいなら、パソコンにデータを送信してパソコンに接続しているプリンターから印刷する、という方法を取る事になるでしょう。

余談になりますが、DVDやCDドライブも無いので、レンタルしてきた映画を直接見る事はできませんし、CDの音楽を直接保存する事もできません。ただし近年では、映画や音楽の配信サービスが普及しています。なので特に困ることはないでしょう。
一般的なパソコンでできる事がiPadではできない場合がある、という点に、少し注意しておきましょう。

予算があるならiPadを選びましょう

ネット上の口コミを読んでいると、iPadとiPhoneの比較や、iPadとモバイルパソコンの比較に関する口コミを多く見かけました。個人的な印象になりますが、iPadに関して厳しい意見、否定的な口コミが目立っていました。
iPadと他のデジタル機器を比べたい気持ちもわかります。しかしiPadは、他の機器とは違う、新しい端末であると言えます。他の機器と競合するのではなくて、棲み分けできるデジタル機器と言えます。

iPhoneやiPod touchを使っている人なら、iPadの「画面の大きさ」に魅力を感じることも多いでしょう。やはりアプリを大画面で利用できる事は、メリットと言えます。
また、画面上に表示されるキーボードは意外と打ちやすい、と聞きます。特に長文を入力する際は、なかなか便利という意見を聞きます。
お金に余裕があるなら、iPadもiPhoneも手に入れると良いです。両者を使い分けると、快適だと思います。

ところでタブレット端末を選ぶ際、iPadとAndroidタブレットのどっちが良いか?迷う方もいるでしょう。自分の周りの人たちに聞いた限りでは、予算があるならiPadを選ぶほうが良いという人が多かったです。「値段の安さ」を優先すると、Android端末を選ぶ人が多いようです。しかし予算があるなら、iPadを選ぶほうが使いやすいので快適かも?と思いました。

※この記事は2010年当時の記事になります。