手軽に使える、iPhoneの「写真・動画・音声」の機能

写真撮影

iphone端末

iPhoneのカメラ機能は、かなり充実しています。とても美しい写真を撮れる、と言えます。

以前のカメラ機能について言うと、iPhone 3GSからiPhone 4になった際、かなり機能アップしました。iPhone 4では500万画素になりました。そしてiPhone 4では、LEDフラッシュが内蔵されました。よって暗い場所でも、綺麗に撮影できるようになりました。

動画撮影

例えばiPhone 4では、HD画質で動画を撮影できるようになりました。なお、撮影したHD動画ですが、アプリケーションiMovieを使うことで、その場ですぐ編集できます。とても使い勝手が良いと言えます。

iPhone 4には、前面にインカメラが搭載されています。このインカメラを使って、「自分撮り」をできます。よってFaceTimeを利用すると、ビデオ通話をできます。
iPhone 3GSからiPhone 4になった際、カメラやビデオの機能がかなりアップしました。今後登場するiPhoneも、ますます機能がアップしてゆくでしょう。

一般的にカメラ付きスマートフォンの良い点は、いつでもどこでも思いついた時に写真を撮れる点です。
そして、その場のムードをそのまま写せると思います。本格的なカメラを向けられると、なぜか緊張してしまうことがあります。苦笑いになってしまうこともあります。
だけどスマホの場合、自分に向けられてもあんまり緊張しません。その場の雰囲気を変えずに撮影できる、と思います。

動画再生

もちろん動画の再生もできます。再生時の使い勝手も良いです。
例えば動画の再生中にiPhoneを横向きにすると、映像は「横向き」の画面上に「正しい向き」の映像として映し出されます。つまり映像が、横に広がります。簡単に「映像の向き」を選択できるので、使い勝手が良いと言えます。

iPhoneは動画再生の機能が優れていると好評ですが、スピーカー内臓という点が動画再生の魅力をアップしている、と言えます。
動画を迫力ある音量で再生できる事は、とても魅力的と言えます。自分一人で見る時だけでなく、数人でテレビを見るように動画を見る事も可能となっています。なぜなら内蔵スピーカーによって、周りの人に音声が届くからです。

ビデオ通話

スマートフォンでビデオ通話を利用してみたいと思っている方がいる、と思います。すでに利用しているという方もいるかもしれません。iPhoneを始め、iPadやiPod touch、Mac同士で、気軽にビデオ通話を楽しむ方法があります。FaceTimeという機能です。
このFaceTimeという機能は、家族や恋人、友人たちと通話を楽しみたい人にとって魅力的な機能と言えます。

FaceTimeを利用できる機器をお持ちなら、相手とビデオ通話できます。その人の顔を見ながら、まるでその場にいるような感覚でお話しできます。
どうしても都合が悪くて家族や友人などが集まる席に行けなくても、FaceTimeなら相手と笑顔を交わしながら、おしゃべりできます。

音楽再生

お気に入りの音楽

iPhoneは、音楽再生もできます。音声を再生する機器としても活用できる物と言えます。
iPhoneの音楽機能の例としては、ホーム画面の「iPod」アイコンを利用して音楽を聴けます

iPhoneを購入する人の中には、
「iPodの機能が付いているから」「iPodの代わりになるから」
という理由で購入する方がいるそうです。中古のiPhone端末を、iPodの代わりに使えると考えて購入した方もいる、と聞きます。

iPhoneにとっては、iPodの機能は必須の機能と言えます。その使用感も、通常のiPodを使っている時と「ほとんど同じ感覚」だそうです。なので以前からのiPodユーザーなら、違和感はないでしょう。

iPod機能の操作

iPhoneで曲を再生する方法について言うと、ホーム画面の「iPod」アイコンをタップします。このアイコンは、電話やメールアイコンなどと同じ場所にあります。
「iPod」アイコンをタップした後、下部中央にある「曲」をタップするとリストが出てきます。そのリストの中から、曲を選びます。すると曲を再生できます。
この時「画面下部」には、いくつかのボタンが並びます。プレイリスト、アーティストごとのカテゴリーなどのボタンです。これらのボタンを選択して、聴きたい曲があるカテゴリーを呼び出して選択します。

曲を選択する際は、画面をスクロールさせる必要が出てきます。しかしiPhoneには、スクロール機能を示すバーはありません。
スクロールの「やり方」は、指で流すようにタッチして画面を動かします。この操作方法は、スマートフォンの一般的な操作方法です。なので、すぐに慣れると思います。そうやってリストをスクロールさせて、聴きたい曲を探します。

その際、右上にあるボタンを選択すると、アルバムの曲目リストに変わります。聴く曲を変えたい時に、便利なボタンです。

曲の再生中に音量を調整したい場合は、画面下部のスライダーを使って調整できます。
曲の再生を停止したい場合は、その上の「停止ボタン」を選択します。
前の曲や次の曲を聴きたい場合は、その両隣の矢印ボタンを選択すれば、それらの曲を表示できます。

高機能と言える音楽機能

音楽ライブラリのレイアウトについては、「わかりやすさ」を重視しているようです。iPodのものと比べると、大きなフォントになっています。

そして写真ライブラリで、iTunesと同じようなカバーを表示できます。
今までパソコンで音楽を聴いていた人は、iTunesのインターフェイスに慣れている人が多いでしょう。なので携帯端末でも、今まで使っていたインターフェイスを利用できるのは、便利と言えます。

以上よりiPhoneは、「携帯電話の機能」と「iPodの機能」を組み合わせた製品と言えます。音楽機能に関しては、一昔前の携帯電話よりも高機能と言えます。音楽を楽しむためにiPhone端末を購入した、という人も多いでしょう。携帯電話の機能と同様に、音楽機能も使いこなしましょう。

※この記事は、2008年当時の記事になります。



タイトルとURLをコピーしました